B0742GNKMR

絶対に必要かというとそうでもないのですが、あると旅先で素敵な景色が撮影できて楽しいだろうなぁ‥‥なんてずっと思っていて「なんとなく欲しいアイテム」の筆頭に居続けているのがドローンです。

ただ、10万円近くかけて買うつもりもないですし、航空法により重量が200gを超えると飛行できるエリアも限られてくるので、1万円以下でなおかつ200g未満の良さそうなドローンがあったにいいなぁ‥‥なんて無理めのことをずっと考えていました。

いわゆるホビードローンのカテゴリーになりますが、室内向けだったりとか、操作が難しかったりとか、これだったら試してみたいと思えるドローンが見つけられずにいたのですが、ひょんなことから知った「VISUO XS809HW」がちょっといいんではないかしらと思いつつ、調べ始めたところです。

「VISUO XS809HW」の機能や仕様

いわゆるちゃんとしたドローンの「Mavic Pro」に似た形状をしているのですが、こちらは形状を模したホビードローンです。「VISUO XS809HW」をAmazonで検索すると、最も安いと6,980円で購入が可能です。

B0742GNKMR

主な特徴としては以下のようなものがあります。

・静止画と動画の撮影が可能
・高度維持
・ヘッドレスモード
・WiFi FPV(スマホ画面から映像を見て操縦)
・ワンキーリターン機能(戻ってくる機能)

特に初心者には高度維持やワンキーリターン機能は必須ではないかと思っています。

B0742GNKMR

折りたたんだところ。

B0742GNKMR

開いて保護リングをつけたところ。

サイズ:31.5 x 31.5 x 13cm
重量:約155g
コントロール距離:約100メートル
画素:200万
充電時間:60分間
使用時間:7分間
制御周波数:2.4GHz
対象年齢:14歳以上

「VISUO XS809HW」で検索すると、いくつかのメーカーが取り扱っていることが分かります。恐らく中国に大元の作っているメーカーがあって、それをあちこちで取り扱っているということなのでしょう。「VISUO XS809HW」という型番だけ同じです。

「VISUO XS809HW」をYouTubeで見てみる

実際に「VISUO XS809HW」は使えるのかどうか、飛ばすことができるのかどうか、YouTubeもチェックしてみています。

屋外でビュンビュン飛ばしている。

動画の画質はそれなり。

DJI Mavic Proとの比較。不良品との報告。モード1とモード2の切り替えの話題が出てきますが違いはコチラから。「VISUO XS809HW」はモード2です。

この空撮はなかなかキレイかも? ただプロペラが写り込んでいますね。

不良品‥‥ぽいのですが、やはり当たり外れがあるのでしょうか(これはもしかしたら一世代前のモデルかも)。

海外の通販サイトだと予備バッテリー付きで54.99ドルというところもありました。

ドローンの入門編として購入するには価格、機能的に申し分はなさそうですが、当たり外れがあるのだけが心配ですね。

「VISUO XS809HW」の購入

2017年8月26日の最安値だとAmazonが6,740円、ヤフーショッピングが8,480円です。もう少し検討してみます!