2017 08 25 1036

無人航空機管制(UTM)プラットフォームを開発・提供する「楽天AirMap」がローンチしました。ドローン向けの航空管制システムのプラットフォームとなるものです。楽天が米スタートアップと組んで、ドローン空域管制プラットフォーム「楽天AirMap」をローンチという記事になっていました。

空港の管制官は、航空機が他の機体などに接近、衝突しないようパイロットに指示を出し、空の安全を守っている。楽天AirMapでは、ドローンの飛行においても空港の管制官と同じように空の安全を守るためのシステムを提供したい考えだ。

どういうものかというのは動画をご覧頂くのが分かりやすいです。

今後のドローンは、こうした航空管制システムの情報が必須となっていくのでしょうね。楽天自身も2016年4月にドローンを活用した配送サービス「そら楽」を開始していますので、さらに発展させていくためにこうした投資が必要と考えているのでしょう。