女優の満島ひかりが、フジテレビ「ボクらの時代」に出演した際に「バツイチになりました」と離婚を報告したそうです。満島ひかりが主演した映画「川の底からこんにちは」の石井裕也監督と結婚していました。満島ひかりが離婚を報告「バツイチになりました」 フジ番組で明かすという記事になっています。

女優の満島ひかりさん(30)が30日、フジテレビ「ボクらの時代」(日曜、前7時)に出演し、「バツイチになりました」と自身の離婚を報告した。

番組内でCharaから「独身だっけ?」と聞かれ「私はあの、バツイチになりました」と答えたもの。番組内で離婚していることを明かすのは、既定路線だったのでしょう。

最近では弟の満島真之介もテレビでよく見かけますが、バスケットボール選手の弟やモデルの妹もいる多彩な一家です。

個人的には満島ひかりといえば、やはり「Folder」から「Folder5」そして「ウルトラマンマックス」への出演でしょうか。当時は女優としては無名でしたが。

石井裕也監督との結婚は2010年、そして離婚は2016年、子供はいません。

追記:

満島ひかり極秘離婚、新恋人は「瑛太の弟」!という記事によると、満島ひかりは既に年明けには離婚しており、5月には俳優の永山絢斗と交際していたようです。「最近になっておつき合いを始めたと聞いています」というのは、その当時の所属事務所のコメントです。本人の口から離婚のことが語られたのが、今回の「ボクらの時代」ということになるようです。