スポンサードリンク

【本日発売】 #note本 「noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活」

スポンサードリンク

【本日発売】 #note本 「noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活」

2019年8月26日、noteと共にアウトプットを続けていくための書籍 「noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活」が発売開始となりました!

本日より書店に並んでいます。Amazonなどオンライン書店でも購入できますが、まずは中身を確認したいという方は、ぜひ書店でお手にとって頂けますと幸いです。

スポンサードリンク

いよいよ発売のnote本

数十万フォロワーのいたInstagramのアカウントを削除し、インフルエンサーと呼ばれることを捨てブロガーに戻りたいとnoteを本格的にスタートした まつゆう* との共著です。

本書への意気込み、思いのようなものは1週間前に「noteではじめる 新しいアウトプットの教室」いよいよ発売まで1週間を切りました!という記事を書いたので、そちらも併せてご覧頂けますと幸いです。

【本日発売】 #note本 「noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活」

今回は豪華な「先輩クリエイター」のインタビューについて紹介させてください。

noteの使い方は100人いれば100通りがあると思っています。だからこそ、noteを継続して更新することができている、先輩クリエイターたちのインタビューを入れたいと思っていました。

ご登場いただいた方々です。

堀正岳さん
夢眠ねむさん
吉本ユータヌキさん
林伸次さん
高野寛さん
水野圭輔さん

すでにnoteを書かれている人なら、何度か読んだことがあるような方々ではないでしょうか。

ぶっちゃけ、noteはその名の通りノートなんです。つまり白紙なんです。そこに何を書くかはあなた次第。

しかし、いきなり白紙のノートを手にして「(書きたいことはあるけれけど)どんなふうに書いたら良いのだろう」と頭を悩ませる人も少なくないはず。

そんな時は、ぜひ先輩たちの耳に言葉を傾けてください。たくさんのヒントがあります!

一人が大変ならみんなで書く

あとは、いっそのことグループで書いてみるのもオススメです。一人だと難しいけど、誰かと一緒なら、ということもありますよね。

【本日発売】 #note本 「noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活」

マガジン機能もご紹介しています。ぼくが参加しているオジ旅でも、実験的に「オジさん産業新聞」を開始してみました。みんなが書いた記事を束ねてマガジン化する‥‥とても簡単な方法です!

ということで「noteではじめる 新しいアウトプットの教室 楽しく続けるクリエイター生活」は本日発売です。noteが大好きなみなさんの元へ、これからnoteが大好きになるはずのみなさんの元へ届きますように! どうぞよろしくお願いしします!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/08/26 11:00)なぜ久保建英「ゼロ円移籍」をFC東京は認めたのか?

次へ

「CHAGE and ASKA」Chage、ASKA脱退表明に「とても残念な思いです」