スポンサードリンク

ネタフルの記事数が「50,000記事」を超えました

スポンサードリンク

ネタフル50,000記事

2018年7月6日、ネタフルで自分で書いてきた記事数が50,000記事を超えました。ゲストブロガーに書いてもらった記事もありますので、あくまでも自分で書いてきた記事数です。2003年7月1日にネタフルを開始し、約15年でたどり着いた数字です。

スポンサードリンク

15年で50,000記事。

ということは、年間に3,333記事。

365日で割ると、1日あたりの執筆数は9.1記事となります。

長い記事、短い記事、それぞれの記事には様々な濃淡がありますが、全てひっくるめての数字となります。

最近はほぼ毎日、ブログを書いていますが、子供が小さい時は土日はお休みしたりもしていました。もともと、毎日書くということにあまりこだわりはありません。

大事なのはマイペース。書きたいことを、書きたいように。

この記事は50,002記事目となります。また、全ての記事が公開状態となっているわけではなく、諸事情により非公開になっているものもありますので、もし奇特な方がいて過去ログを全てクロールしたとしても50,000記事にはなりませんので、悪しからずご了承ください。

これだけ記事を書いていると、自分で書いたものを忘れていることが多いです。むしろ、忘れるために書き、自分の備忘録としてブログがあるのかもしれませんね。

30→45

家族の話も含めて、ぼくが生きてきた直近15年の証(ログ)が、ここにはあります。

いつクルマを買ったのか、いつ自転車を買ったのか、いつバイクの免許を取ったのか、家族旅行で宿泊したホテルはどこか‥‥全ては検索すれば出てきます。

ブログを書くことって、難しいことではないんですよ。写真1枚とテキスト20文字でもいいんです。

別にたくさんの人に読まれなくなたっていいんじゃないかな。自分で検索して参考になったり、もしかしたら誰かが検索した時に少しだけ役に立てたらいいんじゃないかな。

そう思って書き続けてきた15年でもありました。

ブログの語源はウェブログ

今でこそ「ブログ」という呼称が一般的ですが、元はウェブのログで「ウェブログ(Weblog)」でした。ウェブに残すログ。ただそれだけが最初だったんです。

ブログは自分の場所「ホーム」になります。

日記は書けないけど、ブログなら書ける。いつだって自分が自分を振り返ることができる場所です。

既にブログを書いている人は、このままずっと。

まだブログを書いていない人は今日からどうぞ。

この先もずっとずっと Keep on blogging.

あわせてネタフル的ブログ生存戦略 〜15周年に寄せてもご覧くださいね!

10分で一気に書いて校正せずに投稿だ!

スポンサードリンク

前へ

間もなく新しい「MacBook」「MacBook Pro」「iPad」が登場か?

次へ

Googleロゴ「七夕 2018」に