2015年に初めて行き、2016年も再訪したいと思う飲食店をまとめてみよう‥‥と思って紐解いたら、かなり大変でした。思っていた以上にたくさんの店に行き、そしてそれぞれの店が良かったのです。ただ、訪れていたのはほとんど大衆酒場と焼肉店でしたので、2つのカテゴリーに絞り、ネタフル的に2016年も再訪したい店をまとめてみようと思います。

ということで、本編です。まずは焼肉店編から。

ネタフル的焼肉店2016

1. 「焼肉ヒロミヤ」本当に5,000円でいいんですか!?にわかには信じられない、厚切り肉、ボリューム(肉とホルモン8品)、飲み放題、さらにライス食べ放題

5,000円(税別)の焼肉コースで肉とホルモン8品、さらに飲み放題といったメニュー構成になっています。品数もボリュームもたっぷり「本当に5,000円でいいんですか!?」と思わずにはいられない、驚愕の焼肉店でした。

2. 「焼ジビエ 罠(神田)」鹿肉・猪肉・雉肉・羆肉・兎肉・アリ〼。猟師から仕入れたジビエを炭火で焼き喰らう!

「これは食べてみたいよね」ということでオーダーした鹿ユッケです。ユッケ、お久しぶりです。牛肉のユッケがおいそれと食べられなくなってから、馬肉のユッケに出会うことはありましたが、まさか鹿もユッケになるとは。

3. 「肉山(吉祥寺)」中央線沿線最高峰の初登頂に成功!厚切り肉の続く難攻不落のコースを攻略せし!

8合目。赤い岩肌が広がっています。神々しささえ感じるほどの岩肌です。登山の感想にはそぐわないかもしれませんが、あえて言わせてください。ジューシー、と。レアである、と。

4. 「くんさんちゃーりむ(人形町)」うに上ロース巻にトリュフ飯で悶絶!肉でトキメキたい人にオススメしたい焼肉店!

久しぶりに焼肉で興奮しました。うに上ロース巻とか、トリュフ飯とか、さらにはユッケも食べられて本当に最高の焼肉店でした!

5. 「豚ホルモン焼 鶴松(新橋)」ホルモン300円、290円のチューハイ片手に!コスパ最高の豚ホルモンの店

焼肉も好きなんですけど、七輪でホルモンもいいですよね。脂を落としながら煙にまみれて、熱々でジューシーな内臓を頂く、と。

ネタフル的大衆酒場2016

6. 「大衆酒場 かどや」押上駅から徒歩20分でいい汗かいた!料理は250〜300円、ピッチャーのレモンサワーが500円、而今や森伊蔵も呑める大衆酒場

割烹で修行されたご主人の店だけあって、料理も美味しいのです。しかも種類が豊富で安い。刺身から焼き物まで、どれも200円、250円、300円とかばかりなのです。それで採算とれるの!? と、思わずこちらが心配になってしまうくらいです。

7. 「みたかや酒場(菊川)」ぷるんぷるんのモツ煮の美味さが強烈な印象を残した地元の人たちで賑わう大衆酒場

東京三大煮込み的なものは食べたことがあるのですが、それと同等、いや、それ以上に美味いと思いました。「みたかや酒場」のモツ煮、サイコー!

8. 「魚仁(月島)」安い上に刺身もチャーシューもボリューム満点!オジさんを大満足させる下町の大衆酒場

えんがわ。500円。というか、この日に注文した肴は全て500円でした。甘くてコリコリ。大好きなえんがわですが、こんなにたっぷり、しかも安く食べられるなんて幸せすぎます。

9. 「牛もつ げんき(月島)」完全に路地!駄菓子屋で買い食いする気分でハイボールと牛もつ煮串をバージョンでペロリ

「牛もつ げんき(月島)」を一言で説明するならば「大人の駄菓子屋」でしょうか。学校帰りに駄菓子屋に寄り道して、コーラを飲みながら、スナック菓子をつまんだあの感覚。月島はもんじゃもあるし、立ち寄りスポットが根強く残っているのかなぁ。

10. 「山利喜 本館(やまりき)」森下にある東京三大煮込みの名店

味ですが、食べて驚いたのですが、意外にさっぱりしているのですよ。こってりしすぎてなく、どんどん食べられてしまいます。味が濃すぎなくて、もっともっと食べたくなる味でした。

11. 「みの家(森下)」こんな店に行ってみたかった!桜鍋・馬刺しが食べられる馬肉料理の老舗

メニューはシンプルで、桜鍋、肉刺しあたりがメイン、他に玉子焼きや板わさといった酒の肴がいくつかある感じです。とにかく馬肉を食べろって話ですね。

12. 「天ぷら 満る善(森下)」カウンター席のみの昭和の天ぷら

酒のアテもありますので、一杯やってから天丼とか、天ぷら定食とか、そんな過ごし方もあるのでしょうね。天ぷら定食にしても950円。安い。通っちゃう。

13. 「ときわ(千住大橋)」昭和の雰囲気が漂う大衆居酒屋で冬季限定のイカ鍋(1人前800円)を食べる。揚げ物もカリッと美味い。

もうね、イカゴロが溶かし込まれた出汁も旨味過ぎます。もう、ゴブゴブ飲んじゃう。ご飯にかけたいくらい。

14. 「美味ぇ津(うめづ)」新橋でIngressやってて見かけた芝浦牛にこみ&肉なんこつ焼の看板に誘われ入店 → 旨くて大正解のキンミヤ焼酎シャリキンの店!

待ってました「特製 芝浦牛にこみ」。1人前で4本です。美味い。焼酎が進む、進む。いい味がしみてます。柔らかい。

15. 「きぬちゃん食堂(代々木)」オープンから半年なのに老舗感と貫禄が漂うディープな大衆酒場!田島貴男的イケメンスタッフあり

場末感といい、退廃的な雰囲気といい、簡単に醸し出せるものではなく、そういうのこそ好きな酒飲みが大勢いるわけですが「きぬちゃん食堂」は建物の古さに逆らうことなく、うまく利用し、何十年も前からそこに佇んでいるかのような愛される酒場になっているのが凄いと感じました。

16. 「鯉とうなぎ まるます家(赤羽)」孤独のグルメにも登場した朝から呑める店

他のテーブルで呑まれていたのが「ジャン酎」です。ジャンボな酎ハイボトル、で「ジャン酎」1,100円。1リットル。グループならお得ですね。

17. 「加賀屋(上野)」もつ煮ともつ焼きが美味い創業50年を誇る大衆酒場の王道

そして、キウイさん曰く名物で美味いという、もつ煮。これがいい。コクのある味噌の味、プルプルのもつ、これぞ老舗のもつ煮ですよ。「加賀屋」に来たら絶対に食べるべき。

18. 「豊田屋」牡蠣!白子!あん肝!たっぷりトリプルに盛られた魅惑の"痛風鍋"で冬がはじまるよ〜

いつもの親父さん、いつものメニュー。まさか平井の大衆酒場に、こんなにも足繁く通うことになろうとは思いもしませんでした。まさに、2015年のホットトピック、個人的ホットスポットです。

ネタフル的立ち呑み店2016

大衆酒場とは分けてみました。

19. 「立呑 大友(新橋)」こんな立ち飲みがあったとは!酒も肴も300円均一&カウンターのみの小さな立ち飲みでホッコリ

いかの一夜干し、トマト、ポテトサラダ、えいひれなど一品料理のメニューも多く、こちらもほぼ全てが300円。中には200円なんていうのもありました。

20. 「酒喰洲(しゅくず)」刺身は天然魚だけ!ワサビも本ワサビ使用の立ち飲み海鮮酒場

目の前の冷蔵ケースには、刺身が並びます。ホタルイカとかけっこうあったのですが、何組かきたら瞬殺していました。他にも品切れしているものがあったので、人気の刺身がなくなるのは早いかもしれません。

番外編:ハイボール

最後に番外編です。今年は「知多」というグレーンウイスキーが新登場しました。ハイボール好きとしては見逃すことができません。なぜかというと、キリリとまさにハイボールのためのウイスキーのような存在だからです。モルトが入らないことが、むしろ食事と共存するような存在になっています。

「知多 風香るハイボール」ハイボール専門店で新製品のウイスキーを飲んでみた!まさに風香る爽やかなハイボール

名鉄名古屋駅で開店中の「知多 風香るハイボールバー」に行ってきた!名古屋らしい食事メニューが美味しかった

「江戸前ビストロ EDOGIN(新橋)」青唐辛子で食べる刺身と知多ハイボールのマリアージュが素晴らしかった

ぜひお試しを!

ついでに【コスパ重視】2014年も再訪したい飲食店、ネタフル的ベスト15!もどうぞ!