アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

Suruga bank 0925

スルガ銀行から登場したVisaデビットカード「d-labo」のお話を伺い、自分でも口座開設して試してみたので、レポートします! お小遣い派/現金派のためのVisaデビットカードとは、これいかに!?

Suruga bank 12997

そもそも「d-labo」とは何か、ということなのですが、六本木に"研究所"としてフリースペースもあったりします。dはdreamなどのdで、夢を後押しする、という意味があるそうです(do、demand、desireなどの意味もある)。

余談ですが、こちらのスペースは誰でも入ることができて、電源も使えます。なんというノマドスペース! 六本木では「d-labo」でまったりしたいと思います。

さてVisaデビットカード機能のついてくる「d-labo」カードです(「d-labo」で口座開設すると送られてきます)。

ちょっと前に、デビットカードというのが話題になったのを記憶しています。要するに、キャッシュカードを店頭で使い、銀行口座にあるお金で決済できる、というような仕組みですね。

銀行口座にある範囲内でしかお金を使わない、というのが、現金派にはメリットだと思いましたが、どこでデビットカードが使えるか、よく分からなかったのですね。

そういうこともあり、日本ではいまいち普及していないデビットカードだったのですが、この「d-labo」カードの便利なところは、Visaデビット機能がついてくるのです!

どういうことかって?

つまり、Visaカードの使えるお店なら、どこでもデビットカード機能が使えるということなのです!

ぼくはクレジットカードが好きなんですけど、よく考えると使いすぎてしまう、というリスクは常にある訳ですね。

世の中には一定数、クレジットカードを持ちたくない人もいます。しかし、クレジットカードが使えた方が便利な場面があるのも確かだと思います。

Suruga bank 13001

例えば、

・レストランでささっと会計
・海外旅行の買い物(小銭がよく分からない)
・ネットで買い物

といった場面です。

「d-labo」は、あらかじめ入金した範囲内で、Visaが使える店舗でクレジットカードのような振るまいができてしまうという訳なのであーる!

どうでしょうか?

(1)例えば、Amazonを使いたいけど、クレジットカードを登録するのはイヤだという人はいると思います。そんな時、あらかじめ2万円ほどを入金した「d-labo」カードを登録しておきます。そうすれば上限2万円でAmazonでクレジットカードで買い物ができてしまうのです!

(2)また、海外旅行ではトラベラーズチェックの代わりに使うことができます。「d-labo」ならば、現地でお金を引き出すことができます(手数料210円。普通のクレジットカードだとキャッシングになってしまう)。考え方によっては、両替所を使う必要もなくなりますね。

海外ではクレジットカードとして身分証代わりになりますし、商品の破損を補償してくれたりもします。

(3)海外のウェブサイトで買い物をする場合も、クレジットカードが使えると便利ですが、海外での買い物にも「d-labo」ならではのメリットがあります。それは為替です。購入したその場で引き落としがかかるので、為替動向が関係なくなります。普通のクレジットカードだと、1ヶ月先のレートになったりしますよね。

(4)ATMから現金を引き落とそうと思うと、夜間手数料がかかります。しかし、そこで「d-labo」カードのVisaデビット機能を使えば、口座の現金を使いつつも、手数料はかかりません。どうしても現金じゃないといけないという場合でなければ、夜間でもVisaデビットで支払えば手数料はナシということになります。

とにかく、Visaが使えるところであれば、銀行口座から支払える、というのは、けっこうなメリットだと思いました。

Suruga bank 13005

正直なところ「クレジットカードがあればいいんじゃないの?」と思っていたのですが、

・お小遣いを入金してクレジットカード風に便利に使ったり
・クレジットカードを持ちたくない人にもオススメだったり

使い分けの1枚として「d-labo」カードを持つのはありだな、と思いました。あ、ささいなことかもしれませんが、利用明細が家に届かないそうですよ(ウェブで確認する)。

他の特徴としては、

・15歳以上なら作れる
・キャッシュバック(前年度の0.2%)

というものがあります。子供が海外旅行に行く時に、クレジットカードではなく、入金した「d-labo」カードというのもあるかもしれませんね。

また、ポイント還元だと期限がありますが、キャッシュバックだと確実にお金が戻ってくるという分かりやすさがありますね。

あ、コンビニから現金を引き出すことも可能ですよ。時間内であれば、手数料も無料です。クレジットカード的に使えるのにATMから現金を引き出せるというのも面白いですよね。

ということで、ぼくも自分でカードを作ってみました。自分のカードを持ってみないと、何も語れないですからね。ウェブから口座開設を申請し、しばし待ちます。

Suruga bank 0926

キタ!

マイカード!

入金して、いざファミレスへ。食事をして会計の時に、なんとなく恐る恐る「d-labo」カードを出したところ‥‥普通に使えたー!

当たり前なんです。お店のひとからすると単なるクレジットカードに見える訳ですからね。

フツーにクレジットカードとして支払いができてしまいました。こりゃ、ええわ!

2012 07 20 1628

「d-labo」口座開設の申し込み、活用はウェブサイトからとなります。

こちらからは、借り入れや返済のシミュレーターも利用することができますよ。

ということで、お小遣い派/現金派の方にも便利なカードとして「d-labo」カードはいかがでしょうか!?

SURUGA Visaデビットカード 紹介ページ