広告出稿の計画を立てることができる「Google Ad Planner」という凄いツールが利用可能になったのですが、ご存知でしょうか。広告業界では、ちょっと話題になっているというか脅威になっているというか多分、やや賑やかでございます。

黒船Google汐留沖に出現でWeb広告業界に激震!

Web業界に衝撃を与え続けてきたグーグルが、Web広告業界のビジネスの根幹を揺らがしかねないとんでもないツールを公開している。大手サイトのユニークビジター(UV)/ページビュー(PV)から、ユーザーの学歴や世帯収入といった属性まで丸見えにしてしまう「Google Ad Planner」だ。

全く持って、サイトを丸裸にしてしまうツールでして、けっこう衝撃的なんですよね。

「Googleアカウントがあれば誰でも無料で日本からも利用できる」ってんで、あそこのサイトはどーだとか、こっちのサイトはどーだとか、みんな血眼になって‥‥はないですね、爽やかな気持ちで目を細めながら数値を愛でているところでしょうね。

まあ、どのあたりを愛でているかというと、このあたりなのでしょう。

一般的に、広告主がWeb媒体に広告を出稿する際は、商品やサービスを訴求したいターゲットユーザーの属性を設定し、各媒体社が出している「媒体資料」などを参考にしながら、最大の費用対効果が得られる(と思われる)媒体を選定し、出稿計画を立てる。だが、媒体資料に掲載されている数字はあくまでも媒体社の“公称値”であり、横並びで比較できるような客観性はなかった。

Googleが絶対ではないと思うんですけど、確かに横並びに串刺しする基準がなかったので、これは一つの目安になるのかな、とは思います。

TABLOG:アメブロのPV水増し度は"4倍"とGoogleの媒体データが証明!?グーグルアドプランナーは凄い!によれば、

グーグルアドプランナーは、どうやらPCのみの閲覧を対象にしているようなので、アメーバのメディアガイドのトップページにあるPCのみのPV値である「PC:約41.1億PV(3月度)」のデータと比較すると、やはり4倍近い乖離がある。

ということだそうです。それにしてもつい先日、アメブロのPVはどうなのか的な話が出てきたこのタイミングでの「Google Ad Planner」の投入にビックリです。

アメブロのアクセス解析はやっぱり豪気
アメブロのアクセス数はロボットやクローラーも込み

で、ちょっと探してみたらネタフルも出ていたんです。「ちょwwwなにやってんのwww」みたいな驚きがありつつPVを見たらなんと、3.8Mと。さんびゃくまちじゅうまん!? イスからずり落ちましたよ!

そんなにない! ナイナイナイ! ナイナイシクスティーン!

最近のネタフルは月間120万PVで推移しているので、明らかに自分の感覚と違う数字なのですが、もしかしたらと思ったのはRSSフィードの広告です。

ということで、ちょっとGoogle AdSenseから4月の数字を引っ張りだしてみると、確かに「コンテンツ向け AdSense」と「フィード向け AdSense」を足してみると、380万PV弱になるのですね。

じっちゃん、謎が解けた!

ということで、モバイルの数字は入っていないけれど、RSSフィードのAdSenseの表示回数は含まれている、ということのようです。

さらにもう少し詳しいデータを見ると、

・1人あたり1.9ページを閲覧
・1回の滞在時間は3分20秒
・男性:女性=72%:28%
・35-44歳が34%、25-34歳が26%

とか、そういうデータが分かりました。学歴とか年収まで表示されてたりして、これまではアンケートでも実施しないと分からなかったことを、Googleから教えてもらいました。

今後は、この「Google Ad Planner」の媒体データを利用した資料とかが増えるのでしょうかね。