7月22日にどうも体調が優れないなーと思い、帰宅して体温を計ったら38.7度。そりゃ具合も悪い訳だと、バファリンを飲んで一晩、寝てみるも一向に回復せず。ずーっと38.5〜38.8度を行ったり来たり。

朝になっていよいよ喉が痛んできたので鏡で見ると、扁桃腺が真っ白に膿んでいまして、これでは熱が下がるはずもなく。

病院で抗生物質などをもらってきて、ようやく熱が下がったのでMacを開いているところです。まだ扁桃腺は半分くらい白いので、無理せずに徐々に作業したいと思います。

それにしても高熱の時って、本当に変な夢を見ますね。もう内容は忘れてしまったのですが、30分おきに目が覚めたのですが、一晩中ずっとストーリーは続いていくのですよ。あれは不思議だったなー。しかも現実との境界も曖昧で。