Yahoo! で「ホリデープログラミング入門」という連載があるのですが、RSSリーダで良い感じに未読が貯まったのでダーッと読んでみました。

Nob Ll1

ちょいとPHPをはじめてみましょうという連載ですが、読んで良かったです。

PHPを使ってAPIを叩いて、それをパースしてページを作成するというのがこういう流れかー、というのが理解できました。

理解しただけでなく実践までたどり着かないと意味ないのですが、随分とハードルが下がった気がします。

以下、自分が役に立ったポイントをメモしておきます。

PHPで指折りに便利なfile_get_contents関数を使いこなす (前編)

PHPには最初から用意されている関数が多数あります。その中でも特に便利なのがfile_get_contents。指定したURLの中身(HTML)をごそっと取ってきてくれるお手軽関数です。

便利な関数ですね。

文字化けているかもしれません。そういったときにはfile_get_contentsと組み合わせて使うことが多い便利な関数、mb_convert_encodingを使います。

な、なるほど! 「mb_convert_encoding」はマニュアル本で見かけたことがありましたが、改めて理解しました。

取得した内容をキャッシュする、Cache_Lite導入

ちょっと長くなりましたがこれが基本形です。非常によく使うので、僕はこのプログラムをいつでもコピーしやすい場所に書いてあります。

キャッシュを使うときの基本形。ふむふむ。

【前編】 API、はじめの一歩

APIはデータの入力と出力の仕様を決めて公開した窓口、です。大枠ではYahoo!の公開しているAPIも楽天のAPIも同じ仕様です。

APIを叩いてかえってきたデータはシリアル化されているので、それをfile_get_contentsで取得し、配列に入れる。なるほどなぁ。

【後編】 API、はじめの一歩

foreachというのは配列の中身を0から順番に$valueに入れていく構文。

見た目を整えて表示!

APIを使う上で大事な「パース」

前回扱った4travelの旅行写真検索APIが簡単だったのは、このパースする部分をunserializeするだけで使えたからです。たいていのAPIはシリアル化されたデータには対応しておらず、XMLでデータを返すのでパースするプログラムを書かなくてはなりません。

う、ちょっと難しい。後でまた読みます。

などなど、なんとなく分かった気になってしまいました。非常に分かりやすかったです。

ただ、この後は難しくなっていくので、やはり実際にプログラムを組みながらでないと、理解していくのは難しそうですね。頑張ります。

変数名はどう付けよう?

プログラマにとって3ヶ月前の自分は他人である

ああ、ぼくもそうですね‥‥。3ヶ月前のエントリーは‥‥。

■関連記事

「Yahoo! JAPAN - WEB API コンテスト」開催

ということで、この「Yahoo! JAPAN - WEB API コンテスト」なのですが、なんとワタクシ、審査員として参加させて頂きます! みなさまご存知の通り、プログラミングはできないんですけど!

「Yahoo! JAPAN - WEB API コンテスト」募集開始

「Yahoo! JAPAN - WEB API コンテスト」開催ということでお知らせしていた「Yahoo! JAPAN - WEB API コンテスト」ですが、作品の募集が開始されたそうです。