栗先生が早起きというエントリーで、自分の早起きの方法を書いています。

早起きをする一番手っ取り早い方法は、 ・携帯の目覚ましをしっかりチェックして寝る(マナーモードの解除をしておく) ・目覚ましが鳴ったら起きる ・起きなくちゃと思ったらウダウダせずにすぐ起きる だけじゃないすかね。

栗先生って実は、雨が降ればいつもより早くを家をでたり(電車が遅れたりすることを見越して)、待ち合わせの時間よりも早く到着してたり、本当に真面目な人なんですよね。根が真面目でマメ。だからモテるんだろうなぁ。

それはさておき、元ネタになっている早起き生活にシフトするコツというエントリーでは、早起きのコツが次のように書かれています。

・早く寝る(夜更かしをしない)  ・そのためには早くベッドに行く  ・ベッドではすぐに眠る体制に入る(だらだらとテレビを見ない)

早起き派ブロガーとしては「早く寝る」は賛成です。ただ、そのために

あとは、「眠る体制に入っているのに寝付けない」という最後の砦をいかに突破するかが課題となります。

というのはあまり深刻にならなくてもいいんじゃないかな、と思いますが、やっぱり寝付けない人って多いのでしょうかね。

とにかく身体を動かして疲れれば、第一段階クリアだと思いますよ。寝る前に軽く10kmくらい走ってみるとか、マンションにお住まいだった10階まで3往復くらいすれば気絶するように眠れるんじゃないかと思います。

そして一度早起きできてしまえば、次の日から夜は眠くなりますよ。

コツは5時前には起きることですね。もう夕方から意識が朦朧としてきて、家に帰り着いて身体を横たえればすぐに意識がなくなりますから。

ぼくも子供が生まれてからというもの、夜はほとんど21時か22時には寝ています。小さい怪獣にパワーを吸い取られ、とてもじゃないですが、起きていられないのです。

そして7時間も眠れば、朝は自然と目が覚めますから。目覚まし時計すら必要ありません。

ぼくも今朝は4時30分に起きました。それから3時間半、みっちりとブログを書きました。あたりは真っ暗、家族はグッスリ、ぼくの活動を妨げるものは何もありません。

段々と夜明けが近づき、今くらいの季節は涼しい風が窓から入ってきます。ブログを書き続けてブロガーズハイになる瞬間。ああ、生きてる‥‥。

仕事を辞めているんだから昼間書けばいいんじゃないかという話もありますが、昼は昼で書くんですよ。でも、やっぱりみんなが寝静まっている時間に起きだして、一人でコツコツと書き綴るあの快感にはかないませんね。

えっと‥‥ちょっと変ですか?

※ネタフルでもいくつか早起きエントリーを書いてます。

はてな近藤社長は早寝早起き

「22時~2時の間に取る睡眠が一番濃度が高いということが医学で証明されているそうですよ」

ブログ男「ブログを書く時間は早起きしてつくる」(MY LIFE AS BLOGGER)
最も多いライフスタイルは「遅寝早起き」
早起きは三文の得
ネタフルの早起き更新が滞っている件に関して