livedoor Readerを導入したがというエントリーより。

ネタがfullで「ネタフル」だと思っていたが、記事中では「ネタが降ってくる」と表現してあった。なるほど、そういう解釈もあるのか。

顧問Yの高校演劇情報&倉吉観察ブログで“ネタフル”の意味について取り上げられていました。わざわざAERAを購入して頂いたそうでありがとうございます!(想像と顔が違ってました?)

ということで、AERAでは「ネタが降ってくる」と紹介されていた“ネタフル”ですが、実はいろいろな意味があります。

以下のような意味を考えてネーミングしました。

・ネタが降ってくる(空からぶわーっとネタが降るイメージ)
・ネタを振る(○○さんにネタを振るイメージ)
・Net a Full(ネットのネタが満載)

と、このようなことをかれこれ7、8年前に、今では側近となった田中アップル運転のクルマに乗りながら、突如閃いたのでした。

それからしばらくあたためて、2002年にメールマガジン“ネタフル”が誕生し、さらに2003年にはブログ“ネタフル”が生まれました。