bulknewsのmiyagawa氏がWeb 2.0 時代の TOEIC 900点超え英語勉強法 9ヶ条という凄いエントリーを書いています。

こないだ 10/23 に TOEIC ってやつを受けてみたんです。ちょうど外資系でマジメに仕事として英語を使うようになって10ヶ月、ある程度できるようになったなという印象はあったんですが、客観的に評価できる数字がほしいなぁと。

なんと結果は970点。なんか凄い数字じゃないですか、コレ!

もうね、何が驚くってココですよ。

受けた感じである程度の手ごたえはあったんですが、Listening 満点というのは結構驚きでした。思えば1年前までアメリカ行ったことない(そもそもパスポート持ってない)状態で、1年弱でここまで来たとも言えるわけです。

なんだそれ! 帰国子女か何かだと思ってましたよ。Tipsとして9か条がまとめられているんですが、とてもこれを真似して同じ芸当ができるとは思えません。というか、既に同じ種類の人間ではない気すらしました。

Web 2.0とか言っている場合ではなく、既にHuman 2.0の到来を予感させてくれます。miyagawa氏=ニュータイプですね。間違いない。フォーーーー! セイセイセイ! 斬り! 残念!

ちなみに9か条はコチラ。

0. 洋楽を聞く、歌詞を読んで覚える (R/L/S)
1. 海外の有名 Blog を購読する (R)
2. 自分の得意そうなキーワードを PubSub / Technorati で検索・購読する (R/W)
3. Google News のテクノロジーカテゴリのニュースを読む・音読する (R/S)
4. 英語 Blog をつくり、興味のあることにコメントする (R/W)
5. オープンソースソフトウェアのバグを見つけ、パッチを送る (W)
6. IRC チャネルやメーリングリストに参加し、発言する (W/S)
7. 自分の興味ある Podcast をいくつか見つけ、iTunes に登録する (L)
8. 内容を理解できたら、何度でも聞く・シャドーイングする (L/S)

0からスタートするあたり、さすがAlpha geekです。

冗談はこのくらいにしておきますが、やっぱりなんといってもコツは「毎日続けること」なんでしょう。

「Podcasts for Web 2.0 でも紹介した Podcast の中からいくつか登録して、日々リスニングします。聞かない日がないようにすること」という風にも書かれている通り、日々の鍛錬がもっとも重要なのだと思います。これらの方法を本当に毎日続けることができれば、相当英語力がつくのではないかと思います。

ぼくも10年くらい前に英語のニュースサイトばかり見ていたら、やはり英語に慣れてそれなりのスピードで読むことができるようになりました(Mac系に限る)。その時は確かに、日頃の鍛錬が重要なんだな、と思ったものです(止めると英語力はみるみる下がる結果に)。

さてmiyagwaw氏のようにきちんと身につけられる人というのは、

・目的意識がしっかりしている
・闇雲に勉強するのではなく効率を重視している
・毎日続ける

というのができるということなのかな、と感じた次第です。