秋の行楽はビッグスクーターで出かけよう!という記事より。

右手をひねるだけで走れるなど運転操作がしやすく、走行中の安定性も高い。その上、トランクスペースは収納力バツグン、重装備せずにカジュアルな服装で走れるというのが、人気の秘密だ。

今の調子でいけば、10月中旬には普通二輪の免許取得が可能な予感。ただしAT限定。

なんでAT限定かというと、教習の時間が短いからなんですね。13時間の技能講習を受けるのみでOK、しかも料金も10万円程度なかなかお得で便利なのです。

「最短でのべ1週間程度、教習所に通えば取得できる」と記事にはありますが、ぼくの場合は週末のみ通い、1ヶ月半程度かかりました。確かに延べ日数にすれば10日通っていないかもしれません。

そして免許取得が現実味を帯びてくると、どんなビッグスクーターが良いのか、という話になってくるのですが、今のところは定番のホンダ フォルツァかヤマハ マジェスティかな、と思っています。どちらかと言えば、フォルツァの方がデザインは好み。

しかし30万円くらいの予算で思っていたのですが、人気があるのか中古でも案外高くて、手が届くのは古いマジェスティかもしれません。

と、このような感じでバイク選びをしている今が一番楽しいのかもしれませんね。

それでビッグスクーターの比較サイトなどありはしないりかと思ったのですが、ちょっと見あたりませんでした。きちんと探せばあるんでしょうけどね。週末あたりにじっくり探してみますか。

秋の行楽はビッグスクーターで出かけよう!は買い方ガイドやタンデムが解禁されている首都高速マップ、ショップ店員へのインタビューなど、ぼくにとっては非常にタイムリーな記事で参考になりました。