shuiro note: Podcasting非対応というエントリーより。

昨晩は、cybozu.niteに仕事でnobさんがパネラーとして出演するためお邪魔したあと、某IT系web媒体のおしゃれ編集長を囲む集いでさんざんいじられておりました。

shu*さんがおしゃれ編集長モダシンさんにいじられたお話だそうです。

モダシン総帥曰く。

「そう、お前さ、あれなんだよ。Podcastingしようと思ってカレーとかネタフルでとってた音源さ、あとで聴いてみたらぜっんぜん使えねえの。盛り上がりがなく平坦すぎてつかえねえっつうの。もっと、ふっきれよ。」

shu*さんは「もう全面的に降伏です(泣)」と泣いているのですが、そこに追い打ちをかけるようにダークサイドの声がします。

ガンダムとかネタフルさん、見てみろ。あいつら、仕事とか関係ねえぞ。あの生き様だ。

あの生き様!! いま、まさに更新しているこの生き様のことですか!? 文字を読んでいるのにモダシン総帥の声で「あの生き様だ」が頭の中でリフレインしています。いやー、なんかこうスパーッと断言して頂くと気持ちが良いものです。生き様だよ、生き様。この生き様は全てブログに記録されている訳ですよ。

さらに、モダシンさんのコメントにちょっとホロッときちゃいました。

オレは、個人的にあのネタフルさんとの絡みは最高だったと思ってる。あれ以上の掛け合いは無理だよ。ていうか、ボケてひろってボケてひろって。

これ、モダシン + ネタフルのPodcastingのことなのですが、こんな風にモダシンさんは思っていてくれたんですか。泣けてくるよ。ううう。

ぼくもですね、初めてのPodcastingだった訳ですが、すげー最高の絡みができたと思っています。なんせ自分で聞いて笑いましたからね(記憶が薄いせいもあるかもしれませんが)。

ということで、まだ聞いていないみんな!

今すぐiTunesにアイコンをドラッグ&ドロップして聞いておくれ!
(Podcasting Juiceでのランキングが上がるらしい。ただいま13位)

詳しいことはModern Syntax : Modern Syntax Radio Show Spacial(第7回)~「誕生!ピーキャスティング」の巻をご覧アレックス!

もう一度、モダシンとネタフルにフォースを!

あ、さて。shu*さんのエントリー中、モダシンをクリックするとネタフルにジャンプするのですが、これはshu*さんのちょっとしたいたずらなんでしょうかね。フフフ。