自宅はMacでGoogle Talkが使用できないのですが、iChatと互換性があるということで試してみました。

Ichat Jabber

↑の画像では、左側がGoogle Talk、右側がiChatのコンタクトリストになっています。設定をすると、それぞれ別に機能します。つまり、iChatがGoogle Talkのクライアントとして、既存のiChatとは別ウィンドウで機能しているという感覚です。特に違和感はありません。

これはJabberというプロトコルを使用しているからで、iChatがJabberに対応していることによるものです。他にもJabberに対応したクライアントであれば、Google Talkを利用することが可能です。どんなクライアントと互換性があるのかはClient Choice with Google Talkで確認してください。

また、それぞれの設定方法もスクリーンショット入りで分かりやすく説明されていますので、クライアントの名前のところをクリックして参照してください。

例えばiChatだとHow do I configure iChat for Google Talk?のようになっています。アカウント(Gmailアドレス)、パスワード、サーバ(talk.google.com)を設定するのみです。

これでMacユーザのあなたも自宅でGoogle Talk!

ちなみに、WindowsでGoogle Talkを起動しつつ、MacでiChatを立ち上げてGoogle Talkにログインすることも可能です。つまり二カ所から同時にログインしている状態です。メッセージが届くと、それぞれにウィンドウがポップアップし、どちらからでも会話を始めることができました。