大手検索サイトよりネタフル買収の打診がありました。

システム化されていない、マンパワーで運営されているネタフルに対して、なんと大手ポータルより買収の打診がありました。一番驚いたのはぼくですよ。だって、ネタフル買収=コグレ買収、と言い換えても良いくらいですからね。

ネタフル買収を打診してきたのは、大手検索サイトの某Gです。ネタフルグループにnoogleというメタ検索もどきサービスがあったのも、一つのきっかけのようです。また、サービス告知に広くネタフルが役立つかも、と判断して頂いたようです。ありがたいことです。

ちなみに買収金額は‥‥ご想像にお任せします。ネタフルにとっては、これ以上ない評価でした。さらにストックオプションまで頂けるというお話。しかし、最終的に今回の買収話は見送らせて頂きました。あまりにも荷が重い、ということです。が、本当のところは「社内の公用語が英語」だということに怖じ気づきました。すみません。

またいつ、ネタフル買収話が勃発するか分かりませんが、その際には十分に検討させて頂きたいと思います。「“ネタフル”というブランドが欲しい」というお話もよく頂くのですが、条件次第で。

[エイプリルフールネタ]