最近、母親、ワイフと立て続けに携帯電話の機種変更を行いました。

母は機械音痴なのでFOMAらくらくホンを選びました。ちょっと老人ぽくて嫌だと言っていたのですが、ほとんどの説明が日本語で分かりやすく表示されるため、今では非常に気に入っているようです。

そしてワイフが選んだのはVodafone 802SHです。2年以上使用していたのと、3,000円割引キャンペーン、そしてさくらやのポイントなどを含めて5,000円程度でした。機種変更はやたらと高いイメージがあったのと、3Gが果たしてどのくらいのエリアで使えるのか未知数だったのですが、とりあえず自宅周辺で問題なく使えているので、価格的にも性能的にも満足といったところです。あまり機会はないかもしれませんが、海外ローミングにも対応しています。

さて、この「FOMAらくらくホン」と「802SH」には同じ特徴があることに気づきました。どちらも「テレビ電話機能」が備わっていたのです。

確かキャリアに関係なくテレビ電話がかけられるという記事をどこかで見た記憶があったので、とりあえず何も考えずにテレビ電話でダイヤルしてみました。おっと繋がる! あっけない程、簡単に繋がる! 画面には小さい自分の画像と、相手先の画像が表示されています。同じ家の中で試したところ、タイムラグは0.5秒くらいでしょうか。小さいだけに動画もスムーズで、インターネットで動画を見ていれば別段、驚く程のことではないのですが、小さい携帯電話同士でテレビ電話ができてしまうという事実に感動してしまいました。

まさに、百聞は一見にしかず、ですね。テレビ電話なんてかけないだろう、と勝手な先入観と偏見で思っていたのですが、家族と離れている時にはこれは是非使いたいですね。インターネットでも動画チャットはできますが、携帯電話の手軽さにはかなわない気がします。だって電話かけるだけなんだもん。

あとは通話料金が安くなれば、3Gケータイの普及にも弾みがつくのではないでしょうかね。これはどんどん、店頭で体験してもらった方が良いのではないか、と思いました。体験しないと分かりません。

ということで、現在ぼくは602SHを使用していますが、なんとなくバッテリーが怪しくなってきているので、料金次第では機種変更も、あり得るかも‥‥しれません‥‥どうかな?