エキサイトブログニュースに掲載されていると責任が発生する件についてということで、切込隊長からトラックバックを頂きました。普段ならこの手のネタはスルーしてしまうのですが、きっと隊長からの重要なネタ振りではないかと勝手に推測し、今日は泥酔ブログなので、反応しておきたいと思います。ネタフルもエキサイトブログニュースに収録されていますからね。

個人的にはエキサイトブログニュースの有益性というのは良く分かりません。正直言うと、ほとんど見ていないからです。自分のブログが収録されているので「あ、今日は5位だったんだ」とか、そのくらいです。通常はRSSリーダで決まったブログだけ読んでいます。隊長が書いている「ランキング上位に入ってるのに人がこねーよ」問題というのはあるかもしれないけれど、そもそも好意で掲載して貰っているので、人が来ようが来まいがぼく自身はあまり気にはなりません。これはネタフルのアクセス数が少なかった頃からずっとそう思っています。

何が問題になっているかというと、

・更新回数が多いブログが上位にくる
・気を引くタイトルの記事が上位にくる

ということで、良質なエントリーを書いているブログが埋もれてしまうということだと思っているのですが、しようがないですよね、こればかりは。ネタフルでも実験しましたが、タイトルの付け方でアクセス数が全然違うんです。人間相手だから、これは致し方ない。エキサイトに文句を言ってもしようがないし、個々のブログにリクエストも仕方がない。今となってはエキサイトブログニュースには多種多様なブログが収録されていますから、興味を引くエントリー、そしてブログが上位に来るのは仕方ないです。すげーいい曲があるけれど、売れているのはドラマタイアップ曲、みたいな。ちょっと違う? 露出が多くキャッチーなものが売れるのは必然かもしれませんね。

とはいえ、隊長が書くように「エキサイトブログニュースにもっと多くの人が来て、ブログ界隈にもっと人が集まるようになるとさらに楽しくなるんじゃないのかな」というのは確かにあると思います。これはエキサイトの中の人に頑張って貰わないといけないのですが、例えばカテゴリー分けをするとかね。それだけでも全然違うと思う。もちろん、それを強制することはできないので、もし自分の読みたいブログがあれば、各人がRSSリーダなりに登録しておくべきだとは思いますが。あくまでもリクエストです。

でも、他の人が、

・どんなエントリーに興味を示すのか
・どんなブログを読んでいるのか

というのは非常に興味あるところなので、是非エキサイトには頑張って欲しいところ。でないと、テクノラティとかBloglinesとか、後から日本に進出するブログマーケティング企業に次々と追い抜かされてしまうでしょう。いち早くブログの可能性に気づいたエキサイトですからね。後追いで真似るのではなく“新しい何か”を取り入れ、次々と進化して欲しいと思います。

最後に「個人が楽しむためのブログなのだから、楽しく更新するのが前提にあるのは誰も否定しない」というのはぼくも同じ意見です。ぼく自身、エキサイトブログニュースのことは全く気にせず更新しています。すみません、まず自分が楽しくなるために更新しています。でないと、続けられないもの。

それにしても隊長の言う「ネット近所付き合い」というのは言い得て妙だなぁ。