ずっと子供の頃から、12月31日と1月1日の間には深い溝のようなものがあるという感覚が頭から離れませんでした。

ゴールからスタート地点に、時計の針のように戻るだけなのに、どこか目には見えない異空間を飛び越えて、スーッと移動して戻るような感じがしていたのです。せわしない師走の雰囲気が、一夜でのんびりとしたお祝いムードになることに違和感を覚えていたせいかもしれません。どちらかというと、せわしない年末の方が好きだったのですが、最近はフィフティーフィフティーないしは、むしろ正月の方が好きかもしれません。

と、少し大人になったところで、12月31日と1月1日の間に溝はなく、そこには連続した時間があるのみ、と最近は思えるようになってきました。特に今年はそうだった。もう冬休みも半分終わりです。