しばらくお休みを頂いてすみませんでした。何も書かずにお休みしていたのではなく、何も書けずにお休みしていたのです。言わば闘病、ですね。

高校時代に酔狂で半年ほどバレー部に所属していた際に、自分でいうのもなんですが、当時は機敏な動きでけっこうな高さまでジャンプしてまして、ある日着地した拍子に立てなくなったことがあるんです。今思い出してもあれは痛かった。2年生の先輩が「先生が来るから立てよ」って、こちらを振り向いた顔が忘れられません。優しい鬼の顔をしていました。

それ以来、無理したり寒くなったりすると腰痛が何度と無く再発していたのですが、草加在住時に出会ったカイロプラクティクスの先生のお陰で、ここ2年半ほどは収まっていたんです。

しかし、ここ1~2ヵ月くらいは「ちょっとヤバイかな~」とは思っていたんですね。そういう時は必ず、冷湿布を貼ってケアしていたんですが、長いこと好調を維持していたために、気持ちが緩んでいたんでしょうね。土曜日から日曜日にかけての冷え込みで、ガツーンとやられてしまいました。

日曜日 少し違和感を覚える
月曜日 立てるものの歩けない
火曜日 やはり寝たきり
水曜日 ほぼ復活!

月、火、水曜日と三連チャンで治療して貰い、今までにない短期間で復活することができました。先生が治療のプロなら、こちとら腰痛患者のプロです。ツボは押さえておりますので、ただひたすら安静。とにかく安静。安静に安静を重ねる。みたいな。

「コグレく~ん、今回は治りが早いね~」ということで、お墨付きを頂いて出社した次第でございます。

いやー、もうあの状態には戻りたくない。この冬はしっかりとケアしよう。