昨日、口内炎を早く治すコツというエントリーを書いたところ、切込隊長BLOG(ブログ)で取り上げて頂きまして、朝アクセス解析見てビビっていたところです。

口内炎は早く治らない

斯様に切迫している事情であるので、おおいなる期待を持ってネタフルさんに逝ってみると、なんか日経のサイトからの引用だった。日経のサイトにそんなお役立ちコンテンツが含まれているとは知らなかった。まさにこの私のためにあるようなコンテンツだ。素晴らしい。よくぞ紹介してくれたネタフルさん。

つまるところ、切込隊長はとても口内炎ができやすく、期待して記事を見たけれど、

んで、心理的には30%ほどの小躍りをしつつそのサイトを訪問してみたら「治らねえ」ってことぐらいしか書いてねえ。しかも、くだらねえことに「休め」とか書いてある。馬鹿野郎、こっちは忙しいから口内炎ができてんだよ。心ゆくまで喧嘩売ってますか。頭に来たのでF5連打。ちきしょう。

ということで、あまりお役に立てなかったようです。すみません。

ところで「事業のほうは順調ですか? 私にとってネタフルさんの事業進捗などこれっぽっちも関心ないわけだが」とこれっぽっちも関心がないにも関わらず心配して頂いて恐縮ですが、あまり順調ではありません、とお答えしておいたら良いでしょうか。個人事業としてのネタフルなのかどうかは分からないのですが。

ちなみに、個人運営ですので、ネタフルは一人で書いています。先日、B-log Cabinのminamiさんから「ネタフルは何人で書いているのですか?」と聞かれたもので(笑)

いやいや、そんなことではなくて、気になったのは次の行だったんです。

しかも「専門医の診察を受ける場合には、口腔外科がお勧め」だぁ?? いい加減にしろ。口内炎ごときで口腔外科など逝くかバカタレ。私を誰だと思っているんだ。歯医者でさえ気後れして予約できないほどの小心者なんだぞ。治療途中でもう四ヶ月も足を運んでない。そんな私がわざわざ保険証持って病院逝って並んで「どうされました?」「いや、口内炎ができちゃったんです」なんて言えるわけがねえだろ。上等だ。私に恥をかかす気か。

なんですと! 歯医者に行くのを途中で止めてしまったと!

それはいけません。危険です。同じく気後れして予約できない程の小心者なのですが、すげー痛い目を見ています。奥歯の激痛で歯医者に行ったところ、なんでも修復不能な程虫歯におかされているとかで、親不知を移植しましょう、という提案を受けたのです。大学病院紹介しますから、と。ビビリまして。ええ。

それっきり放っておいたのですが、やはり虫歯は勝手に治るはずもなく、あまりにも気まずいの別の歯医者に行きました。もう親不知だって虫に食われておりまして、全て抜歯。左下奥歯跡地は立派な空き地です。なんかかみ合わせが悪くて、気持ち悪いし顔が歪みそうです。

今さらながら、きちんと歯医者には行っておけば良かったと後悔しています。ということで、大きなお世話ですが歯医者はきちんと最後まで通った方が良いかと思われ。