金曜日の深夜、田中アップルの新しいPowerBookに触らせて貰いました。

金曜日の夜、久しぶりに田中アップルと地元浦和でホルモンをつついた後(実はぼくら徒歩5分のところに住んでいる仲良しさんなんです)、お馴染みのスポーツパブ「スマグラー」に行き、ご自慢の新しいPowerBookを見せて貰いました。スマグラーは店長の趣味でホットスポットになっているので、そこで詳しくPantherの解説を受けてきました。

効く。かなりボディーに効いた(笑) Macエヴァンジェリストのような人物から解説されると、かなり効きます。美味しいポイントを優しくついてくるので、もうメロメロです。特にホットスポットで実演されたiChatにはクラクラきました。幸いiSightはなくビデオチャットはできませんでしたが、マイクのアイコンをクリックしていきなりボイスチャットがスタートしたのには驚きました。これ、iSightのデモなんて見せられたら、いきなりその場でポチッといきそうな勢いです。

こちらは田中アップルと二人、相手方は夜勤をしている某知り合いで、それぞれiPodのヘッドフォンを付けながら画面に向かってトーク。パブの片隅でトーク。これまでにもボイスチャットは試したことがあるし、Yahoo! メッセンジャーでビデオチャットをしたこともあったんですが、OSの標準機能で、しかもあまりにも簡単にことが運んでいくことに衝撃を受けました。音質もクリアでした。

会社がWindowsなので、使い勝手が気になっていたのがVirtual PCでした。うまい具合にVirtual PC + Windows 2000がインストールされており、そちらも試させて貰いましたが、思ったよりも軽快に動く印象でした。フル画面にすると、まるっきりWindowsです。普段使いはMacで、必要に応じてWindowsを使うには十分な気がしました。

と、いまさらながらにMac OS Xにやられているヤツがここにいる訳です(笑) そして昨日(日曜日)、早速自宅のiMac(400MHz)にPantherをインストールしてみました。10.2.8よりも動作が軽快になっているという話は聞いていたのですが、確かにその通り。気持ち速くなったような気がします。OSをバージョンアップして軽くなるなんて(笑)

実はぼくは普段はWindowsを使っていて、iMacは今は嫁のメインマシンとなっているのです。そう、Swicthへの布石としてインストールしてみた訳です(笑) 先月、ザウルスを購入したばかりなので、少しずつ外堀を埋める必要があります。そのために着実に一歩ずつ進んでいく作戦です。多少、自分の中では迷いがあるんですが、それでもSwicthに着実に近づいている感じがします。久しぶりにOSを触って楽しいという感覚を思い出しましたから。