ネタフルでも「Anker 40W 5ポート USB急速充電器」接続した機器を自動判別 → 最適な電流で充電が速い!だけでなく小さい!旅行に持っていけるサイズ!という記事を書き、愛用していたAnkerのUSB充電器なのですが、つい最近、全てのポートが使用不能になってしまいました。

TwitterやFacebookでそのことを投稿したところ、少なくない人から「うちも(いくつか)ポートが死んでいる」と反応を頂きました。話を総合すると「初期モデルはポートが死にやすい。その後のモデルで改善された」ということでした。到着してすぐに1ポートが死んだのですが、どうもそれに当たってしまっていたようです。

その時に連絡をすれば交換したもらえたようですが、サポート期間は18ヶ月。2014年4月の購入だったので、時既に遅し。ただ、製品の不具合のようにも感じられたので、もしかすると何らかの対応があるかと思い、連絡を取ってみたところ、以下のような回答でした。

・18ヶ月を過ぎているのでサポート対象外
・本体リセットで改善される場合あり

本体リセットは次のような方法です。

本体から電源コードを抜いていただき、また、ポートに刺してあるUSBケーブルも全て抜いて下さい。30分ほど経ちましたら、再度、電源コードを本体に刺していただき、別のUSBケーブルにて、動作しなかったポートが使えるようになっているかどうかご確認下さい。

とある詳しい人に聞いたところ「Anker 40W 5ポート USB急速充電器」は初期の頃にポートが死ぬという"騒動"があったそうなのです。連絡すると即交換してくれる神対応をしていたのだそうです。もし、その"騒動"に気づいていれば‥‥全ては後の祭りでした。

初期モデルは過電流でヒューズが切れてしまい(これは復旧できない)、次のモデルからポリスイッチに変更され、それにより本体リセットという方法がとれることになったようです。

Ankerのサポートからも、現在販売している「Anker 40W 5ポート USB急速充電器」は改善版であると連絡を頂いていますので、初期モデル以降に購入した人には発生しないと問題とのことです。

ぼくの「Anker 40W 5ポート USB急速充電器」も電源を抜いてリセットを試みましたが、残念なことに復活しませんでした。購入から2年弱、便利に使っていたのですが、全てのポートが死んでしまいました。

「Anker 40W 5ポート USB急速充電器」をお使いの方は、

・ポートが死んでいないか確認する
・ポートが死んでいたらリセットしてみる
・治らなかったら購入から18ヶ月経過していないか確認する
・18ヶ月経過していなかったらサポートにと合わせる
・18ヶ月経過していたら諦める

ということになるかと思います。

次のモデルをどうしようかと考えているのですが、改良されたAnkerにするか、モニターで使用させて貰っているサンワダイレクトのAmazon限定商品「50W 6ポートUSB充電器」を買い増すか、といったところで検討したいと思います。

今回のサポートとのメールのやり取りは、公開させて頂くことを確認しております。迅速に対応して頂きありがとうございました。