2010-11-17_1139.png

PFUから、世界最小クラスのモバイル&ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」が発表されました。2010年11月20日より販売開始、価格は17,800円です。

2010-11-17_1141.png

偶然、触る機会があったのですが、とにかく軽いです。大きさは273×47.5×34mm、重量は350gですが、見た目以上に軽く感じました。

2010-11-17_1142.png

USBケーブルによるバスパワー駆動に対応していますので、PCと一緒に持ち歩いていつでもどこでも使用可能です。

2010-11-17_1142-1.png

スキャンスピードは、自動解像度モードで片面7.5秒/枚なっています。カラー/グレー600dpiのエクセレントモードでは35秒/枚です。

2010-11-17_1147.png

Win/Mac対応のハイブリッドモデルで、Evernote、Googleドキュメント、Salesforce CRMなどのクラウドサービスとシームレスに連携します。

書籍を自炊するような作業はもちろんできませんが、書類や名刺などを随時スキャンし、それをクラウドにアップするにはちょうどいいスキャナかもしれませんね。

ちなみに「ScanSnap S1100」は、PFU直販サイト、Apple Store(オンライン含む)ではホワイトモデルが販売されるのです。個人的にはホワイトモデルが好みです。

■関連記事

PFU、小型のドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」

S1100は、ワンプッシュで簡単に書類をPDF化できるScanSnapシリーズの新モデル。A4片面読み取りの1枚送り型とし、構造をシンプルにしたことで小型・軽量化を実現した。

PFU「ScanSnap S1100」~驚くほどコンパクトなドキュメントスキャナ!

細かい仕様などは表をご覧頂くとして、上位2モデルとの一番の違いは、「ADF無し/両面同時読込無し」となることだろうか。この機能の有無がユーザーにとって判断基準となる。例えば筆者のように、たまに請求書などをPDF化しメールへ添付、名刺と言っても1回のスキャンでせいぜい数枚程度のケースが多い場合はS1100で十分。一度に数多くの名刺や資料をADFで自動的に読取りPDF化したい、自炊用途なので両面同時読込も必要となれば、上位モデルとなる。

PFU、手軽に持ち運べる重さ350gのモバイルスキャナ「ScanSnap S1100」

そのほか、PDF/JPEG管理ソフト「ScanSnap Organizer」や名刺管理ソフト「名刺ファイリングOCR」(Mac OS X用の名刺管理ソフトは「CardMinder」)、レシートを読み取って数字の入力を省力化できる家計簿ソフトの「やさしく家計簿 エントリー for ScanSnap」(Windows版のみ)などをバンドルしている。

PFU、350gのモバイルスキャナ「ScanSnap S1100」

複数原稿をセットできるオートシートフィーダーを備えておらず、両面同時スキャンにも対応しないため、伝票やレシートなどの単票類のスキャンに向いた製品となっている。原稿の経路が直線のため、一般的な用紙以外にも、クレジットカードなどのプラスチックカードもスキャンできる。

PFU、Google Docs対応の小型ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」

別売のA3キャリアシート(2625円)を利用することで、A3サイズの書類を読み取ることもできる。