Amazonで注文していた、I-O DATAの1TB RAIDハードディスク「RHD2-U1.0T」が届きました。

Img 9757

500GBのRAIDハードディスクとして使えるので、無くなって欲しくない写真データ用として購入しました。

Img 9758

想像していたのより重かったです。500GB x 2なので、当然といえば当然ですね。

Img 9759

同梱されているブツもシンプル。

サイズはこんな感じです。

Img 9761

Img 9762

CDジャケットと比較してみました。

小さくもないし、大きくもないといったところでしょうか。ただ、手にした時の重量感はけっこうあります。

Img 9763

足下の暗闇で目を光らせています。

届いた時点で、既にミラーリングの状態になっているので、電源投入しUSBケーブルを接続するだけで使用開始です。

ただし、Mac OS Xの場合は一度、フォーマットすることが推奨されているので、ディスクユーティリティーでフォーマットしました。

音はファンが回っているので低くうなっていますが、常に電源投入はしないと思うので、気にならない程度でしょうか。

スピードも内蔵と比べればもたついていると思いますが、それほど気にはなりませんでした。

それよりもiPhotoのライブラリーを外部に出したおかげか、MacBookのスピードが向上したようで気持ちいいです。ハードディスクの残量が数GBしかなかったので。

ということで、購入して良かったです。

ネットワークから見られたらさらに良いのですが、さすがにそれは無理かなぁ。

I-O DATA RAID 0・1対応 USB 2.0/1.1 ハードディスク 1.0TB RHD2-U1.0T

I-O DATA RAID 0・1対応 USB 2.0/1.1 ハードディスク 1.0TB RHD2-U1.0T