無線LAN対応プリンタを検証「PIXUS iP5200R」というエントリーを書いていましたが、新しくプリンタ「CANON PIXUS iP5200R」を購入しました。

ブラザーのMyMioが、AirMacベースステーション経由で接続できなくなってしまったこと、E-100の印刷スピードだと増え続ける写真に対応しきれないこと、が理由です。

選んだポイントはズバリ「無線LAN対応」です。プリンタはやはり無線LAN経由が便利です。プリンタを置く場所を選ばないし、いちいちケーブルを繋いだり外したりする手間がありません。

コピー、ファクス、スキャナに関してはMyMioがあるので、それ以外の印刷機能を重視し、さらに無線LAN対応で探した結果、あまり選択肢はなかったのですが「CANON PIXUS iP5200R」にしました。

ちなみにIntel Macの場合、ドライバをダウンロードする必要があります。

試し印刷ではかなり印刷スピードが速い予感!? レポートはまた改めて。

CANON PIXUS iP5200R

無線LANインターフェイス(IEEE802.11b/g)を標準搭載し、ご家庭のブロードバンド対応の無線ネットワーク環境において、ワイヤレスプリントが始められる。複数台のパソコンと共有でき、離れた場所からプリンタの状態(プリント中、用紙切れなど)が自分のパソコンから分かる。ネットワーク管理や配線の手間やコストがかからず、快適なホームプリント環境が手に入れられる。

CANON PIXUS iP5200R