ブラザー社員のブログ「brotherhood」で、カラーレーザープリンタの仕組みが説明されていました。

ドラムにレーザー(光)で版をつくり、版に墨(インク)をつけて紙に移し替えるという、版画のような仕組みになっているそうです。カラーだったら、複数回繰り返す訳ですね。なるほど!

さらにどうやって版をつくり、転写するかまで詳しく説明されています。イラストもたっぷりで非常に分かりやすいです。勉強になりました。

カラーレーザーって何? (2)

カラーレーザープリンタは、4色の色をつかってフルカラーの版画をしていると考えていただければわかりやすいでしょうね。

カラーレーザーって何? (3)

モノクロレーザープリンタはドラムと呼ばれる筒の上に版を作りましたが、MFC-9420CNはベルトの上に版を作ることに特徴があります