9,800円のオールインワンプリンタ - HP、「価格の限界に挑戦した」という記事より。

PSC 1510はスクエアデザインのコンパクト筐体を採用し、同社が「百年画質」とするViveraインクに対応。スキャナ機能、コピー機能などオールインワンプリンタとしての機能を搭載し、PictBridgeを使ったデジタルカメラのダイレクトプリント機能も備えている。

うっ、凄い。思わずうなってしまいますね。プリンタ、スキャナ、コピーに対応のオールインワンプリンタで9,800円ですよ!

対応OSはWindows 98/Me/2000/XP、Mac OS 9.1以降およびMac OS X 10.1.5/10.2.3以降で、HPの直販サイトのみでの販売だそうです。

デザインはキヤノンを意識しているのか、四角い感じでなかなか良さげ。

よくプリンタは本体を安く売ってインクで稼ぐ、ということが言われるので、インクがもの凄く高いんじゃないの? と思いきや、モノクロプリントカートリッジ「HP 132」が1,974円、3色カラープリントカートリッジ「HP136」が2,646円だそうです。「本体価格だけでなく印刷時のランニングコストも低くなるよう気を使った」そう。

これは売れる予感がしますね。だって、9,800円だもの。

■関連記事

1万円を切ったコンパクトな複合機「PSC 1510」

速度もエントリー機としては標準的。既定設定でA4のカラーコピーが1枚1分弱、フチなしL判写真はパソコンから印刷して約1分、PictBridgeからダイレクト印刷で1分強。動作音も、高速印刷モード以外はかなり静かだ。

日本HP、実売1万円を切る小型インクジェット複合機を発表

デザインを一新し、カラーをツヤのあるホワイトに変更した。液晶モニターは搭載しないが、ボディー上面の左にはLEDランプとボタン類が並ぶ操作パネルを用意している。本体手前の給紙/排紙トレイは、未使用時にたためる構造となる。

日本HP、実売1万円を切るオールインワンA4複合機発表

2005年6月1日から7月31日まで、期間中購入ユーザーに対し製品性能に満足できなかった場合、購入日より30日以内の返品を受け付け、購入代金を返金する「HP PSC 1510お試しキャンペーン」も開始する。