エプソン、2.4型液晶モニター搭載の「カラリオミーE-200」という記事より。

E-200は、2004年4月発売の「E-100」をベースに、液晶モニター、内蔵バッテリーでの駆動などを追加した上位機種。さらに解像度やプリント速度を向上させ、PC接続端子をUSB 2.0に変更している。

我が家では昨年来「E-100」を愛用しています。 最近は複合機が主流になりつつあるようですが、写真プリント、年賀状印刷くらいでしかプリンタを使用しないのであれば、カラリオミーのようなフォトプリンタは場所も取らないですし、なかなかお勧めです。

特に「E-200」になって、

・2.4QVGA液晶モニタが搭載された(テレビ出力は廃止)
・内蔵バッテリで駆動するようになった

というのは、「E-100」で足りないと思っていたところが補われた感じです。メモリカードをダイレクトに本体に挿入し、液晶モニタを見ながら印刷できるのは非常に手軽です。しかもバッテリで動作するとなれば、飲み会やパーティーで活躍しない訳がありません。その場で販売できるんです! ちょっと違うか。

PC接続時のプリント解像度は5,760×1,440dpi(E-100は2,880×1,440dpi)。ただし、PCと接続しないダイレクトプリント時には、E-100でのダイレクトプリント時と同等の1,440×720dpiになる。最小ドットサイズは2pl。Lサイズ1枚のプリント速度は約70秒となり、E-100から約57%の速度向上を実現した。

印刷が高速化しているというのもいいなぁ。

バッテリは別売りで6,000円前後。バッテリの充電時間は約2時間半で、印刷可能枚数はL判約60枚だそうです。とりあえずモバイルでこのくらい印刷できれば十分ですね。本体価格は2万円台中盤の見込みで、E-100よりも5,000円程度高くなるそうです。

女性開発チームの手による前モデルのE-100は、狙い通りに新規購入層や女性層の取り込みに成功。女性比率はカラリオ全体で約2割のところ、E-100では約3割と比較的高い。しかし、実際には「個人使用のセカンドプリンタ」として購入する買い増しユーザーが多く、リビング用やプライベートルーム用として使用されるケースが多いという。

■関連記事

エプソン「Colorio me:」(カラリオミー)

デジカメを買ったけれどPCとうまく連携できない、という人は意外と多いのではないかと思います。そう考えると、とにかく写真を印刷したい、という人には、もってこいの製品ではないでしょうか。元々年賀状や他のものを印刷する機会もなかった訳ですからね。恐らく、あれもこれも、と考えて汎用的なプリンターを購入しても、ほとんどそれらの機能は使わないと思うんです。それだったら、機能が絞られている方が分かりやすいでしょう。