スポンサードリンク

「子連れ狼」漫画原作者・小池一夫、死去

スポンサードリンク

「子連れ狼」漫画原作者・小池一夫、死去

「子連れ狼」などで知られる漫画原作者の小池一夫氏が、2019年4月17日死去したことがTwitterの公式アカウントから発表されました。肺炎で亡くなったそうです。82歳でした。

スポンサードリンク

漫画原作者・小池一夫、死去

小池一夫氏の訃報を伝えるツイートです。

故人の遺志により、既に葬儀は親族のみで執り行わなれたということです。

最後のツイートは、亡くなったモンキー・パンチ氏との思い出を振り返ったものでした。

亡くなる直前まで、ツイートされていたことが分かります。

時々、流れてくる、名言というか格言のようなツイートが、目に留まったことを思い出します。

「マジンガーZ」「電子戦隊デンジマン」「グレートマジンガー」など多くのアニメ主題歌の作詞も手がけられました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

関連記事

「子連れ狼」原作者の小池一夫さんが死去 82歳 - おくやみ : 日刊スポーツ

小池さんは漫画「子連れ狼」(作画:小島剛夕)や、「オークション・ハウス」(作画:叶精作)、「クライングフリーマン」(作画:池上遼一)などの原作で知られる。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/04/19 13:00)なぜ「異世界転生」は若者にウケ続けるのか?

次へ

【激辛の向こう側】中華ダイニング「陳家私菜」超旨味と超辛味を高次元で両立させた“頂点石焼麻婆豆腐”の天獄【渋谷】