スポンサードリンク

旅行ジャーナリスト・兼高かおる、死去

スポンサードリンク

4094088067

旅行ジャーナリストの兼高かおるさんが、2019年1月5日に死去していたことが分かりました。90歳でした。兼高かおるさん死去、31年間で地球180周分移動という記事になっていました。

海外リポート番組の草分け「兼高かおる世界の旅」(TBS系)の案内役として31年間、150カ国を巡った旅行ジャーナリスト、兼高かおる(かねたか・かおる、本名兼高ローズ)さんが5日午後8時45分、心不全のため東京都港区の高齢者施設で死去した。

スポンサードリンク

インド人の父、日本人の母を持つ兼高かおるさんは、31年間続いた旅番組「兼高かおる世界の旅」の案内役として知られています。

ジャパン・タイムズでフリー記者として活動した後、1958年に航空会社主催の「世界早回りコンテスト」で約73時間の記録を樹立して広く知られるようになりました。

行動力と語学力を武器に、自らプロデューサー、ディレクター、リポーターの1人3役をこなす異例の制作スタイルが人気を集めた。

今ならYouTuberとしても活躍されそうですが、当時の状況や機材などを考えると、簡単なことではなかったでしょうね。

日本女性として初めて北極点と南極点を制覇し、ケネディ大統領や画家のダリとも単独会見をしています。

「兼高かおる世界の旅」はAmazonプライムビデオで視聴可能です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

浦和レッズ、横浜F・マリノスDF山中亮輔を完全移籍で獲得

次へ

ネタリスト(2019/01/10 10:00)テレビが見れない若者の心を掴んだ「TikTok」の戦略