スポンサードリンク

山本KID徳郁、41歳で死去

スポンサードリンク

山本KID徳郁、41歳で死去

ガン闘病を告白していた格闘家の山本KID徳郁が、2018年9月18日に41歳で死去したことが発表されました。所属ジムである「KRAZYBEE」が、Twitterで訃報を発表しました。

スポンサードリンク

Twitterでの訃報は次のようなものです。

山本KID徳郁は2018年8月26日に、自身のInstagramでガン闘病を告白したばかりでした。

コメント欄には「41歳は早すぎます、、、R.I.P」「大好きでした。ご冥福をお祈りします。」といった悲しみのコメントが溢れています。

山本KID徳郁はミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表だった山本郁榮を父親に持ち、姉・美憂、妹・聖子はレスリング世界選手権を制覇しています。K-1での試合が思い出されます。

41歳、早すぎます。心よりご冥福をお祈りいたします。

関連記事

格闘家・山本KIDさん死去 41歳 8月にがんを公表 | オリコンニュース | IWATE NIPPO 岩手日報

学生時代からレスリングの強豪選手として活躍し、2001年に修斗でプロ格闘家としてデビュー。04年からK-1にも活躍の場を広げ、同年大みそかには魔裟斗との試合で日本中の注目を集めた。05年からHERO'Sに参戦し、同年大みそかに須藤元気を下して初代ミドル級世界チャンピオンに。08年からDREAMのリングを経て、11年から世界最高峰の格闘技団体・UFCに参戦していた。

山本KID徳郁さん、41歳で死去 がん闘病公表 : スポーツ報知

ミュンヘン五輪に出場した父を「神」と見立て、自身を「神の子」と称していた。私生活では04年8月にモデルのMALIAと結婚し、翌年1月には男児、06年11月には女児をもうけたが、09年8月に離婚。14年11月に一般女性との間に女児をもうけたことを発表していた。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

電源・フリーWiFi・喫煙席の有無を現在地に近いカフェから調べられる「カフェペディア」が超有能な予感

次へ

「Kyash」リアルカードの利用限度額が3万円から5万円へ引き上げ