スポンサードリンク

衣笠祥雄、死去

スポンサードリンク

4865900306

広島東洋カープで活躍し、2,215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄氏が、2018年4月23日に大腸がんのため死去しました。71歳でした。“鉄人”衣笠祥雄氏が死去 71歳 2215試合連続出場 国民栄誉賞も受賞という記事になっていました。

衣笠氏は、1965年に広島に入団し、68年から一軍に定着。87年、40歳の時に、米大リーグ、ルー・ゲーリッグ(ヤンキース)の持つ、2130試合連続試合出場を48年ぶりに塗り替える、2131試合連続出場の世界新記録(当時)を達成した。

スポンサードリンク

衣笠祥雄は「鉄人」の代名詞のような人でしたね。1987年には国民栄誉賞も受賞しています。

最後の野球解説となった4月19日のDeNA−巨人戦では、かすれ声になっていたのが心配されていたそうです。

急遽、サポート役として横についた槙原寛己は「解説の日は衣笠さんの体調が本当に思わしくなく、なかなか声が出なくて。いろいろしゃべりたいのに、しゃべれないもどかしさを横で感じていたので。本当に残念」とその日の様子を語っています。

心よりご冥福をお祈りします。

■関連記事

衣笠祥雄さんなくして「江夏の21球」はあり得なかった : スポーツ報知

「順番だから仕方ない。いいヤツを友人に持った。オレの宝物。まぁ、どっちみちワシもすぐ追いかけるんだから。次の世界でまた一緒に野球談議をするよ」

“鉄人”衣笠祥雄氏が大腸がん死去、19日まで仕事 - プロ野球 : 日刊スポーツ

2215試合連続出場の記録を持ち「鉄人」として親しまれた。87年にはプロ野球界2人目となる国民栄誉賞も受賞した。76年盗塁王、84年打点王、MVP。通算2677試合、2543安打、504本塁打、1448打点、打率2割7分。96年野球殿堂入りした。

追悼・衣笠祥雄「あなたはいつも、自分より他人のことを考えていた」 | 文春オンライン

赤ヘルのレジェンド・衣笠祥雄はどんなときも思いきり野球をやった。豪快無比、明朗かっ達。その軌跡は本当にまぶしい。インタビューの最後になって、現役引退するとつまらない、本当は死ぬまで野球選手でいたかった、とおっしゃった。最高だ。胸がいっぱいになる。

スポンサードリンク

前へ

「iOS 11.3.1 ソフトウェアアップデート」リリース 〜液晶交換でiPhone 8のタッチ操作が効かなくなる問題を解決

次へ

ホンダ「モンキー 125」発表 〜2018年7月12日より発売開始