スポンサードリンク

月亭可朝、死去

スポンサードリンク

B075TMCYDR

落語家・漫談家の月亭可朝が、2018年3月28日に急性肺線維症のため死去していたことが明らかになりました。80歳でした。深夜ラジオで聞いた「嘆きのボイン」のイメージでおりました。

月亭可朝さん、急性肺線維症で死去 80歳という記事になっていました。

落語家・漫談家の月亭可朝(本名・鈴木傑=すずき・まさる)さんが3月28日午前3時28分、急性肺線維症のため兵庫県内の病院で亡くなった。80歳。

スポンサードリンク

カンカン帽をかぶり、ギターを弾いているイメージですが、最初は落語家の道を歩んでいたということです。

月亭可朝 - Wikipediaによると1969年に「歌え! MBSヤングタウンで披露した「ベッピンさん」という曲の評判が良かったことから、漫談家となったということです。

はじめはギターを持たなかったがフォークブームにあやかり、ある公開ラジオ番組の収録に向かう直前、弟子の月亭八方に梅田へギターを5千円で買いに行かせ、即席の歌手になりすました。会場が箕面市のプールであったため、「それにふさわしい歌」として即興で披露したのが『嘆きのボイン』であった

破天荒なエピソードです‥‥まさか「嘆きのボイン」が即興だったとは。「ボインやでぇ」は流行語にもなりました。

なお「ボイン」は1967年に大橋巨泉がテレビ番組「11PM」で、朝丘雪路の乳房の大きさをボインと表現したのが始まりだそう。

心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

訃報:落語家でタレント 月亭可朝さん80歳 - 毎日新聞

71年と2001年に参院選に立候補したが、いずれも落選。15年夏にあった米朝さんを追善する一門会では、最年長の弟子としてトリを務め、古典落語「算段の平兵衛」を演じた。

月亭可朝さん死去 ボインの歌で一世風靡、波瀾万丈の人生 (1/3ページ) - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

数々のエピソードと快作「嘆きのボイン」で一世を風靡した上方のタレント落語家第1号が、静かにこの世を去った。

スポンサードリンク

前へ

川島永嗣「成長するきっかけをくれたのはいつだって自分にNOと言ってくれる人」

次へ

くねくね走り回るヘビのラジコン