スポンサードリンク

北島三郎の次男、元「1st BLOOD」ボーカル大野誠が死去

スポンサードリンク

B005NZF21O

北島三郎の次男で、かつて元「1st BLOOD」のボーカルとして活動した大野誠氏が死去していたことが明らかになりました。北島三郎最愛の息子孤独死…自宅で1週間発見されずという記事になっています。

歌手北島三郎(81)の次男大野誠さん(51)が、3日に東京都調布市の自宅で遺体で発見されていたことが7日、分かった。死因は心不全とみられる。ミュージシャンとして活動。作詞作曲家として父の曲も手掛け、北島の関連会社役員も務めていた。

スポンサードリンク

大野誠氏は1988年に「1st BLOOD」のボーカルMAKOTOとしてデビュー、2枚のアルバムを発売して解散後は北島三郎の曲の作詞・作曲などを手がけていたということです。

北山たけし&大江裕のデュエット曲の制作中で、あまりにも連絡が取れなくなったため、兄の大野龍氏が自宅に入ったところ倒れていたということです。

救急車を呼んだが心不全による死亡だったという。大野さんは同所で1人暮らしし、自宅兼音楽制作用スタジオにしていた。警視庁調布署によると、大野さんは服を着たまま倒れていたといい外傷もなし。孤独死で、死後約1週間経過していたとみられている。

北島三郎が歌ったおじゃる丸のオープニングテーマ「詠人(うたびと)」は大野誠氏の作詞作曲によるもの。

北島三郎は記者会見し「正直言って、寂しいし、つらい。やるせない。いつも思ってるからお前も忘れないでね」と語ったということです。子供を先に見送る辛さは想像を絶するものがありますね‥‥。合掌。

■関連記事

北島三郎、51歳次男の孤独死に号泣「忘れない…。お前も忘れないでくれ」 : スポーツ報知

訃報が明らかになったのを受けて、北島はこの日夜、都内のホテルで約18分間取材に応じた。報道陣約60人を前に「大事な、大好きなかわいい我が子が先に旅立ってつらいです。息子であり、私の良き相方でした」と涙ぐんだ。

北島三郎さん号泣「大事な大好きなわが子が先に旅立ってしまった…」息子の通夜後、都内で会見(1/2ページ) - 産経ニュース

北島は「未発表の歌もいっぱいあって。残していった曲を世に出してあげたい」と涙ながらに約束した。

北島三郎次男・大野誠さん孤独死、「おじゃる丸」OP曲など作詞作曲 (1/3ページ) - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

誠さんは5人兄弟姉妹の上から2番目。もともとミュージシャンで、ロックバンド「1st BLOOD」のリーダー、MAKOTOとしてボーカルを担当し、1988年8月に「American Dream」でデビュー。

スポンサードリンク

前へ

【LINE】アプリ内にLINE Payやコード支払いにアクセスする「LINEウォレット」タブに追加

次へ

【コカ・コーラ】日本で缶チューハイを発売へ