俳優の渡瀬恒彦が、多臓器不全のため2017年3月14日に死去しました。72歳でした。渡瀬恒彦さん死去…72歳、15年から胆のうがんで闘病という記事になっていました。

渡瀬さんは15年夏ごろに体調不良を訴え、検査の結果、胆のうに悪性腫瘍が見つかって都内の大学病院に入院。5カ月間、仕事を入れず、抗がん剤の投与と放射線治療を受けた。

兄が渡哲也、兄弟で俳優でした。渡瀬恒彦は当初は役者には興味がなかったものの、早稲田大学を除籍になり電通PRセンターに入社していたところ、東映の岡田茂社長(当時)が口説いたのだとか。「十津川警部」「おみやさん」などのテレビドラマも長く続きました。

がんの治療の後に現場復帰も果たしましたが、2017年3月より再入院していたということです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

十津川警部・9係…親しまれた刑事役 渡瀬恒彦さん死去:朝日新聞デジタル

後年はテレビドラマに数多く出演。92年から「十津川警部」、02年から「おみやさん」、06年からは「警視庁捜査一課9係」シリーズと、様々な刑事を長期にわたって演じ、幅広い世代に親しまれた。

ケンカ最強伝説も…渡瀬恒彦さん 兄・渡哲也の前だけでは“弟の顔” (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

本気でぶつかりあった兄弟げんかのシーンは迫力満点。これが最後の兄弟共演となってしまうとは渡も思わなかったかもしれない。

渡哲也、弟・渡瀬恒彦さんしのぶ - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w

直筆で渡は「当初よりステージIV、余命1年の告知を受けておりましたので、今日の日が来る覚悟はしておりましたものの、弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません」