B000VC0A3O

演出家の蜷川幸雄が2016年5月12日、肺炎による多臓器不全のため死去しました。80歳でした。演出家の蜷川幸雄さん死去、80歳…文化勲章受章者という記事になっています。

埼玉県川口市生まれ。開成高を卒業後、画家を志したが、安部公房作の舞台「制服」を見たのがきっかけで1955年、劇団青俳に俳優として入団した。アングラ全盛期の68年、青俳の蟹江敬三、石橋蓮司さんらと劇団現代人劇場を創立。69年、清水邦夫さん作の「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビューした。

稽古では「怒声とともに灰皿が飛ぶ」という、厳しい演出でも知られたそうです。

妻は元女優で現在はキルト作家の真山知子、長女は写真家の蜷川実花です。

1998年には、北浦和にある彩の国さいたま芸術劇場の「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の芸術監督に就任しています。埼玉県川口市出身ですので、埼玉県で芸術監督になったのは、そうした縁もあったのでしょうか。蜷川幸雄 - Wikipediaによると、父親が川口オートのオー生ーだったこともあるそうです。

1年留年して開成高等学校卒業。画家を志して東京藝術大学美術学部を受験するが失敗し、将来の進路に迷っていたとき偶然「劇団青俳」による安部公房『制服』の公演に接し、衝撃を受けて「劇団青俳」に参加

当初は俳優として活躍するも「自分は演出に向いている」として演出家に転向したということです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

蜷川幸雄さん死去 長女の実花さん悼む「父の娘 誇りに思います」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

長女で写真家の蜷川実花さん(43)はインスタグラムで「今日、父が逝ってしまいました。最期まで闘い続けたかっこいい父でした。父の娘でいられたことを誇りに思います」と追悼した。

蜷川幸雄さん 稽古で灰皿投げた アイドル起用 藤原竜也や宮沢りえ育成 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

人気アイドルを多数、起用したのも特徴。SMAPの木村拓哉(43)は1989年「盲導犬」、男闘呼組の岡本健一(46)高橋和也(46)は90年「ペール・ギュント」、少年隊の錦織一清(50)東山紀之(49)植草克秀(49)は90年「MASK仮面」に出演。

「細胞の6、7割は蜷川さんでできている」 蜷川幸雄が見いだした逸材 藤原竜也・吉高由里子・西島隆弘… (withnews) - Yahoo!ニュース

近年は、藤原竜也さん・吉高由里子さん・西島隆弘さんといった若手俳優にも大きな影響を与える存在でした。