Prince 0906

ロックミュージシャンの「プリンス」が急死しました。まだ57歳でした。

<訃報>プリンスさん死去 57歳 米ポップミュージシャンという記事によると、ミネソタ州ミネアポリス近郊のペイズリーパーク スタジオの自宅で死去しているのが見つかったということです。

プリンスさんはグラミー賞を7回受賞したポップミュージックのスター。米メディアは突然の死を衝撃をもって伝えている。

プリンスの死因は?

57歳という若さでいったい何があったのかと思ったのですが、4月15日に体調を崩し、病院の搬送されていたということです。インフルエンザにかかっていたという話があるようです。プリンスが急死 先週インフルエンザで緊急搬送という記事になっていました。

先週15日、アトランタでの公演後に乗ったプライベート・ジェットの中で体調が悪化し、イリノイ州モリーンの空港に緊急着陸、病院に搬送された。代理人によるとインフルエンザにかかって数週間前から体調を崩しており、飛行機内で悪化したと説明され、一度アトランタの公演を延期していたのも、体調不良によるものだったと発表された。

紀路によると「15日に病院に搬送された後の翌日16日には、[Paisley Park Studios]で開催されたダンス・パーティでファンの前に姿を現し」ということで、回復していたようにも見えます。短期間で病状が悪化したのでしょうか。

オバマ大統領も追悼のコメントをFacebookに投稿しています。

「世界はクリエイティブ・アイコンを失った」

マイケル・ジャクソン、マドンナと共に1958年生まれでした。

R.I.P.

追記:米歌手プリンスさん急死、薬物過剰摂取か 57歳ということで、薬物治療を受けていたという話も出てきました。

一方、プリンスさんは緊急着陸時に薬物過剰摂取のための治療を受けていたとの情報もある。米情報サイト「TMZ」によると、担当医らは緊急着陸の間、プリンスさんに「セーブショット」と呼ばれる応急注射を打っていたという。応急注射は血流の中のヘロインや麻薬鎮静剤などのアヘン剤と闘うことを助ける作用があるという。

プリンス死去の関連記事

世界的歌手のプリンスさん 自宅で死亡 | NHKニュース

学生時代のアマチュアバンドを経て、1978年に「フォー・ユー」でデビューすると、1983年に発表した「1999」が世界的な大ヒットとなりました。1984年には自身の人生をもとにした映画のサウンドトラック「パープル・レイン」が、全米のアルバムチャートで24週連続1位を記録し、アカデミー賞も受賞するなどロック界のスーパースターとしての人気と地位を確かなものとしました。

ロックミュージシャンのプリンスさん死去 57歳:朝日新聞デジタル

音楽業界のあり方にもたびたび反発し、レコード会社から離れたり、抗議を込めて顔に「スレイブ(奴隷)」と書いたりした。発音できない記号を名前にし、「以前にはプリンスとして知られたアーティスト(The Artist Formerly Known As Prince)」と呼ばれていたこともあった。

プリンス、急逝。ペイズリーパーク スタジオの自宅で | Prince | BARKS音楽ニュース

現地での報道によると、保安官事務所からの話として、同日9時半過ぎにペイズリーパーク スタジオから緊急通報を受け、エレベーターの中で意識不明の状態のプリンスを発見したという。