2015 07 18 0951

「C-C-B」のベーシスト渡辺英樹氏が、2015年7月13日に急性大動脈解離による多臓器不全により死去していたことが明らかになりました。55歳でした。渡辺英樹、逝去のお知らせとして、オフィシャルブログで発表されています。

渡辺英樹が、急性大動脈解離による多臓器不全のため、平成27年7月13日18時5分に逝去いたしました。(享年55歳) ここに生前のご厚誼に深く感謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

遺族の意向により、通夜ならびに葬儀は近親者で執り行われたそうです。2015年8月10日に、新宿BLAZEでお別れの会が行われる予定です。

カラフルココナツボーイズ。「C-C-B」は世代ど真ん中ですから、メンバーの訃報というのは衝撃的です。

C-C-B渡辺英樹さん多臓器不全で亡くなっていたによると、2015年6月12日に痛みを訴え緊急搬送され大動脈解離と診断、集中治療室で治療を続けてきたということです。7月13日、意識が戻ることがないまま容体が急変、家族の看取られながら亡くなりました。

「C-C-B」解散以来25年ぶりにライブが行われ、ライブDVDをリリース、全国ツアーを予定していたところでした。少し前にはキーボードの田口智治が覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕されるなどもありましたが‥‥。ギターの関口誠も心筋梗塞を患っていたがありました。

心よりご冥福をお祈りいたします。