スポンサードリンク

「愛が生まれた日」藤谷美和子とデュエットした大内義昭、死去

スポンサードリンク

B00005EQN6

藤谷美和子と「愛が生まれた日」をデュエットし、ミリオンセラーになった歌手で音楽プロデューサーの大内義昭氏が、2015年5月22日に食道がんで死去しました。55歳でした。

スポンサードリンク

北九州市八幡西区出身。87年、作曲家として小比類巻かほるさんの「Hold On Me」をヒットさせた。歌手としても94年、藤谷美和子さんとのデュエット「愛が生まれた日」がミリオンセラーになった。

「愛が生まれた日」はよく覚えております。「デュエット曲としては異例のセールスを記録する大ヒット」だったそうです。

2014年1月に食道がんがあることが判明し、闘病されていたということです。55歳とお若いのが残念です。心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

前へ

第87回日本遺伝学会大会が「嵐」のコンサートと重なりホテル予約が困難なことから日程変更を発表

次へ

「コパトーン」のテレビCMで旅の準備をする倉科カナが“おかずクラブ”にしか見えなくなってまった件