B000TLYFEW

上方落語の第一人者で、人間国宝の桂米朝さんが肺炎のため亡くなりました。89歳でした。桂米朝さん死去 上方落語の第一人者という記事になっていました。

端正な語り口で知られる上方落語の第一人者で、文化勲章を受章した人間国宝の桂米朝さんが、19日夜、肺炎のため亡くなりました。

1996年に、落語会では2人目となる国の重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝に認定されていました。

上方落語、つまり大阪・京都を中心とした地域の落語の復興に、力を注いだ人物ということです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

落語研究会 桂 米朝 全集 [DVD]

B00NJ54VUI

■関連記事

上方落語を再興、消えかけた芸に命 桂米朝さん死去:朝日新聞デジタル

生涯情熱を傾けた上方文化への誇りを示すようなはんなりとした関西弁、庶民的な人柄で広く愛され続けてきた。

落語家・桂米朝さん肺炎で死去…89歳 戦後上方文化の巨人逝く (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

退院後は自宅療養を続け、14年1月の米朝一門会では、楽屋を訪れ年頭のあいさつ。6月27日には56年連れ添った妻で元女優の中川絹子さん(享年88)を亡くし、葬儀に車いすで参列した。

桂米朝さん死去 上方落語を再興、品格ある話芸  :日本経済新聞

「伝統ある上方落語復興に貴公の生命をかけろ」。このひと言で四代目桂米団治に入門、以来70年近い芸歴を重ねることになったのである。