4309201911

「ベルベット・アンダーグラウンド」のリーダーとして活躍した、ミュージシャンのルー・リードが死去しました。71歳でした。ルー・リードさん死去 米のロックミュージシャンという記事になっていました。

1960年代から70年代に「ベルベット・アンダーグラウンド」のリーダーとして活躍し、後のロックやパンクに大きな影響を与えた、ミュージシャンのルー・リードさんが27日、ニューヨーク近郊で肝臓の病気のため死亡した。71歳だった。

肝臓の病気で亡くなったということですか、記事によると、2013年5月に肝臓移植を受けていたのだそうです。

ルー・リード - Wikipediaによると、独特の世界観が「後のパンク・ロック、オルタナティヴ・ロックに大きな影響を与え」ました。

R.I.P.

■関連記事

ルー・リード、逝去。享年71歳 (2013/10/28) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

ルー・リードは1964年にザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成し、『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』、『ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート』、『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド』、『ローデッド』の4枚のオリジナル・アルバムをリリース、後のロック・シーンに多大なる影響を与えた。

米のロックに影響 ルー・リード氏死去 NHKニュース

生活の拠点を置いていたニューヨークを歌に取り上げることが多かったリードさんは、人間の暗部を描いた歌詞などが特徴で、デヴィッド・ボウイさんやU2などその後の多くのミュージシャンに影響を与え、彼のスタイルをもとにロックのさまざまな形態が派生したと言われています。