B000U5HWAG

「スケバン恐子」のキャラクターで人気を博したお笑いタレントの桜塚やっくんが、山口県の中国自動車道下り線で、交通事故で死亡したことが明らかになりました。桜塚やっくんが交通事故死という記事になっています。

県警高速隊によると、乗用車が単独で中央分離帯に衝突する事故を起こした。車は追い越し車線に止まったが、乗っていた男性2人が路上に降りたところ、別々の後続車にはねられ死亡した。

亡くなった一人が、桜塚やっくんだそうで、コンサートのために熊本県に向かっていたそうです。

高速道路で事故を起こしたクルマから路上に降りて、後続のクルマにはねられてしまったということです。現場は下りの右カーブ、雨が降っていました。

桜塚やっくん 中国自動車道の事故で死亡 山口県警が発表によると「ほかに男性3人が乗っており、うち2人が胸や肩の痛みを訴え病院へ搬送された」そうです。5人で移動していたのですね。5人はバンド関係者だそうです。

桜塚やっくん、まだ37歳でした。突然のことに、ちょっと驚いています。

ご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

朝日新聞デジタル:桜塚やっくん事故死 中国道で衝突、車外に出てはねられ - 社会

2人は後続の乗用車など2台にはねられ、斎藤さんは心臓破裂、砂守さんは外傷性ショックで亡くなった。

時事ドットコム:「桜塚やっくん」ら事故死=中国道で車が衝突-山口

5日午後4時40分ごろ、山口県美祢市の中国自動車道下り線で、5人が乗ったワンボックスカーが衝突事故を起こし、車外に出た2人が後続の車にはねられ死亡した。