4756145485

ファイル共有ソフト「Winny」開発者として知られるプログラマの金子勇氏が、急性心筋梗塞で亡くなりました。まだ42歳でした。

弊社ファウンダー兼CINO 金子勇 逝去のお知らせ(訃報)というニュースリリースが出ていました。

弊社ファウンダー兼CINO(Chief Innovation Officer)金子勇(元取締役)が7月6日(土)に逝去致しました。

通夜告別式は近親者のみで執り行われるそうです。

「Winny」を巡る裁判では、2004年5月の起訴から、2011年12月の無罪確定まで、7年以上の歳月がかかっていました。

あまりにも突然のことですし、42歳というと同世代ですし、お若くて、言葉もありません。心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

404 Blog Not Found:金子勇さんのこと

だからこそ無罪判決を勝ち取れたともいえる。なまじ「かっとなってWinnyを出した。今は反省している」かのごとくの当局にとっての模範解答であったのであれば、一審判決を呑んでしまったはずだ。彼が最後まで戦い勝利したのは、この国の全ての深い才能にとって慶賀すべき勝利ではあった一方、彼にしかできない立体機動を自ら封じることでもあった。

天才、金子勇 - UEI shi3zの日記

しかし、金子さんはその教科書をまるごと書き換えてしまうような、とてつもなく優れた理論構築ができる、数少ない「本物の天才」だった。日本のプロの研究者のなかでも、金子さんほど大胆な理論構築が出来る人は居ないだろう。