B001MSXHN6

映画監督の若松孝二氏が亡くなりました。若松孝二監督が死亡 タクシーにはねられ重傷が急変として伝えられていました。

連合赤軍などを題材とした社会派の映画で知られる映画監督で、12日に東京都新宿区内でタクシーにはねられ重傷を負った若松孝二さん(76)が死亡したことが17日、警視庁四谷署への取材で分かった。

タクシーにはねられ、入院していたものの、容態が急変したということです。

若松孝二監督は、最近では「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」や「キャタピラー」などで知られる社会派の映画監督でした。

若松孝二監督が死去 12日にタクシーにはねられ入院によると、タクシーにはねられ重傷を負ったのが12日、容態が急変し亡くなったのは17日でした。

心よりご冥福をお祈りいたします。