談志百席「石返し」「寄合酒」

落語家で落語立川流家元の立川談志氏が、喉頭がんで亡くなりました。75歳でした。落語家の立川談志さん死去 75歳という記事になっています。

東京生まれ。1952年に五代目柳家小さんに入門、二つ目になって「小ゑん」を名乗ったころから才気あふれる高座で認められ、「天才」と賞された。

「古典を端正に演じる一方、機転のきいた社会批評や毒舌でも人気」になり、日テレの「笑点」では初代の司会を務めました。

1983年には真打ち昇進制度を巡り落語協会を脱退し「落語立川流」を作って家元になりました。

1971年には参議院議員に当選し、自民党入りして1期を務めました。

97年に食道がんが見つかり、晩年は糖尿病、喉頭がんを患ったが、本人の希望で声帯の摘出手術はせず、落語への執念を見せた。

戒名は立川談志氏が自分で決めた「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」だそうです。

喉頭がんの再発で声帯の全摘出は「プライドが許さない」と拒否したものの、がんの進行で呼吸困難になり、2011年3月に気管切開手術を受け、話すことができなくなったということです。

元タレントの長女松岡弓子さん(48)は「手術後、筆談で『声は出るのか』と聞かれ、答えることができなかった。筆談のメモがすごい量になった」と涙ぐんだ。

2011年10月27日に容体が急変、それから意識が戻ることはなく、11月21日に息を引き取ったそうです。

弓子さんも「(のどに開けた)穴の隙間から漏れた声で最後にしゃべったのは『私の名前は立川談志。どうしてこうなったの』。主治医には『しゃべりたい』と話したようで、つらかったと思います」。

「しゃべれない談志をさらしたくない」と、弟子たちの見舞いも断っていたそうです。

その死もすぐ弟子に知らせず、近親者で密葬を行い、ひつぎに愛用のバンダナ、かわいがっていたクマのぬいぐるみを入れた。密葬では大好きなジャズ「ザッツ・ア・プレンティ(これで満足です)」を流し、紋付きはかまに扇子を持たせて送り出した。

葬儀が終わってからの公表だったのですね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

落語決定盤 立川談志 ベスト

B004X32ZPS

談志 最後の落語論

4340100005

談志 最後の根多帳 (談志最後の三部作 第二弾)

4340100013

新釈落語咄 (中公文庫)

4122034191

■関連記事

立川談志さん死去:がん抱え高座に 声帯除去、拒絶し

談志さんの愛弟子の志の輔さんによると、臨終に立ち会った弟子はおらず、志の輔さんが師匠の死を知らされたのも、密葬が済んだ後だったという。「自分のよしとしない姿は弟子にも見せないというダンディズムだったのだろう」と思いやった。

立川談志さん、喉頭がんで死去…75歳、声失い最後は筆談

自宅療養中は近所を散歩する姿も見られたが、今夏にテレビ番組のロケが行われていたのを見た談志さんは「こんな姿を見られたくない」と、カメラを避けるように歩いたという。

談志さん3週間意識不明のままだった

78年に6代目三遊亭円生が大量真打ちに反対して旗揚げした「三遊協会」に参加予定だったが、円生が後継者を志ん朝と決めていることを知り落語協会に戻った。83年に真打ち昇進試験をめぐって落語協会会長の小さんに反発し、協会を脱退。自らを家元とする落語立川流を設立し、弟子が毎月上納金を納める新制度やビートたけしら有名人を弟子にとるBコースを創設。志の輔、談春、志らくという人気、実力ある弟子を育てた。

志の輔、涙の誓い「ダンディズム引き継ぐ」

今年8月には弟子たちで師匠を訪問。談志さんは声を発することはなかったが、「放送できないようなことを筆談して弟子全員を笑わせていました」と“らしい”秘話を披露。それが今生の別れとなってしまった。

立川志の輔、2日たっての訃報に「最後まで師匠らしい」…談志さん死去

談志さんとの付き合いは30年近くになる。「師匠は自分の思い通りに人生をデッサンしていた」。談志さんが色紙などに好んで書いた「人生成り行き」という言葉があるが、弟子から見た生き方は正反対だった。「裏では緻密に計算していた。一番成り行きじゃない人だった」と説明した。

林家三平、立川談志さん訃報に絶句

終始、笑顔で質問に答えていた三平の表情が、一変した。談志さん死去の報に、「僕ら噺家にとっては宝のような方。『三平、しっかり落語やれよ。お前はちゃんとできるんだから』と言っていただいたのを覚えています」と故人をしのんだ。

立川談志さん死去:桂三枝、号泣「学生時代から憧れ…残念でなりません」

談志さんの悲報はマネジャーから知らされたといい、「残念でなりません」と震える声で語り始め、「学生時代から憧れ、談志氏が来阪するたびに追いかけるようによくお会いした」と振り返った。7月に六代目桂文枝襲名会見を開いたが、襲名について相談した唯一の相手だった。

立川談志さん死去=毒舌と自分流、古典にこだわり

1952年、高校を中退して五代目柳家小さんに入門。63年真打ちとなり、五代目立川談志を襲名した。回転の速いしゃべりと毒舌でテレビ番組でも人気者となった。66年に始まった日本テレビ系の「笑点」では初代司会者を務めた。

立川談志の孫弟子 こしら、志ら乃 真打ちに

こしらは落語評論で活躍する広瀬和生さん(51)がその著書で絶賛したことで人気が出て、落語会も観客が増えてきた。「真打ちというのは落語界での評価。入門して16年、落語ファンにアピールするためにも真打ちになりたかった」と、こしらはいう。

談志さん入院仲間酒店主人に直筆置き手紙

談志さんが住んでいたマンションの階下にある酒店の主人が10月15日から10日間、日本医科大付属病院に入院していた。偶然、同じフロアに談志さんも入院していたという。20年来の付き合いで、談志さんは優れない体調にもかかわらず、自ら酒店主人の病室に行き、書いたものだ。談志さんが文面を残したのは10月20日の午後2~3時ごろのことだった。

「落語は人間の業の肯定」反逆児、素顔は気配りの人

毒舌や破天荒な生き方から「反逆児」の印象が強かった談志さんだが、素顔は違い、他人に対してここまで気を使うのかというくらいの気配りをみせる人だった。ただ、それを弟子たちにも要求したから周囲には厳しく見えた。

ライバルいなくなった談志さん いつもどこか寂しそうだった

芸の上のライバル・古今亭志ん朝さんが01年に63歳で早世して以後、家元・談志師匠には“乗り越えるべきもの”はなくなった。遠い昔、名人・桂文楽らが後押ししたこともあって、志ん朝さんが“追い越し昇進”。談志さん(当時は小ゑん)は「強次(志ん朝さんの本名)、断れ」と直談判もしたが、以来2人は永遠のライバルになった。