究極のベスト! ジョー山中

歌手のジョー山中が、2011年8月7日に肺がんのため亡くなっていました。64歳でした。

ジョー山中さん肺がん公表1年半で力尽くという記事になっていました。

昨年3月に肺がんを公表してから約1年半、病気と闘い続けてきた山中さんが天国に旅立った。関係者によると、最期は家族にみとられて安らかな表情だったという。

「人間の証明のテーマ」などで知られる、歌手のジョー山中が亡くなりました。

山中さんの知人に7月19日、山中さんの携帯電話からの着信が何度もあったとされ、翌20日以降、返事をしようと電話をかけてもつながらなかったという。同21日行われた俳優原田芳雄さんの通夜では、内田裕也(71)が「重体で大変なんだよ」と明かしていた。

2010年2月に肺がんが見つかった際は、歌えなくなることを心配し手術はせずに、放射線治療と抗がん剤投与をしていたのだそうです。

東日本大震災の支援のため、渋谷で募金活動も行なうなどしていたということです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

ジョー山中の世界 名選集

B00162LY6A

REGGAE VIBRATION IV GOING BACK TO JAMAICA

B002CNV27I

サトリ

B00005HISR

■関連記事

歌手のジョー山中さん死去 「人間の証明」主題歌ヒット

1970年にロックバンド「フラワー・トラヴェリン・バンド」(FTB)を結成。カナダにわたり、現地で高い評価を受けた。FTBが73年に活動休止したあと、映画「人間の証明」(77年)の主題歌がヒット。2008年にFTBの活動を再開していた。

ジョー山中さん死去 1年半闘病も力尽く

いったん意識が戻った7月19日には、近い関係者に何度も電話した。しかし、関係者が「ジョー!どうした」と呼びかけても返答はなかった。関係者は「いつも困ると電話してきた。最後に何か言いたかったのかもしれないけど、声にならなかったのかも。何も話さないので切ったけど、すぐにかかってきた」と最後の会話ができなかったことを悔やんだ。

ジョー山中さん力尽く…肺がん闘病しながら震災支援も

7人兄弟で山中さんだけ父親がジャマイカ人のハーフ。母親は小学生時代に亡くなり、養護施設で育った。腕っ節の強い少年で金平(現協栄)ジムからスカウトされボクサーをしていた時代もある。68年に裕也に誘われてロックバンド「フラワー・トラベリン・バンド」にボーカルとして参加。米国、カナダなど海外でも活躍した。