闘争人―松田直樹物語 (SAN-EI MOOK)

練習中に心筋梗塞で倒れた、元サッカー日本代表の松田直樹が、搬送先の病院で亡くなりました。34歳でした。

サッカー:元日本代表の松田選手が死去という記事で伝えられています。

心肺停止状態で搬送され、集中治療室(ICU)で人工心肺装置をつけて治療を続けていたが、回復しなかった。

微弱ながら心臓の鼓動は戻ったものの、残念ながら意識は回復することなく亡くなりました。

現在、所属している松本山雅FCのオフィシャルサイトには「松田直樹選手逝去のお知らせ」が出ています。

8月2日より闘病していました松田直樹選手が、本日13時06亡くなりました。2011 08 04 1409

相手として闘うには、本当にイヤな選手でしたけれども。ただただ、残念です。

心よりお悔やみ申し上げます。

■関連記事

意識戻らず…無念 松田直樹選手 死去

松田選手は2日午前9時半ごろ、松本市のグラウンドで練習中に倒れた。見学していた女性看護師が心臓マッサージをしたが、病院に搬送された時は心肺停止状態だった。

サッカー:元日本代表の松田選手が死去

長野県松本市のグラウンドで2日に急性心筋梗塞(こうそく)で倒れた元サッカー日本代表DFの松田直樹選手(34)は4日午後1時過ぎ、入院中の松本市の信州大医学部付属病院で死亡した。

サッカー元日本代表の松田選手が死去 搬送先の病院で

松田選手は2日午前、松本市内での練習中に倒れ、心肺停止状態で病院に運ばれ、治療を受けていた。

松田直樹さん死去 家族に見守られ…

その後も厳しい状態が続いていたが、この日家族に見守られて息を引き取った。

松田直樹選手が死去

松田選手は群馬県桐生市出身で、前橋育英高卒業後の1995年にJ1横浜Mに入団した。昨季まで主力として16年間プレーし、385試合に出場して3度のリーグ優勝に貢献。今季から松本山雅FCに移籍していた。