小松左京セレクション1 宇宙漂流 (ポプラ文庫)

作家の小松左京氏が、肺炎のために亡くなりました。80歳でした。

作家の小松左京氏が死去 「日本沈没」という記事になっています。

SFの草分け的存在で、大ベストセラー「日本沈没」などで知られる作家の小松左京(こまつ・さきょう、本名=実=みのる)氏が26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市内の病院で死去した。

80歳、既に告別式は近親者で執り行われているということです。

1964年に「日本アパッチ族」を発表、歴史や文明をテーマにスケールの大きな空想世界を構築してSF作家の地位を確立した。

1973年に出版した「日本沈没」は、300万部を超えるセールスを記録し、日本推理作家協会賞を受賞しました。

個人的には、映画で観た「首都消失」が非常に印象に残っています。心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

訃報:小松左京さん死去、80歳…「日本沈没」の作家

1931年1月、大阪市生まれ。京都大学文学部イタリア文学科卒。一貫して「人類と文明」をテーマに膨大な作品を書き続け、73年に「日本沈没」で日本推理作家協会賞、85年に「首都消失」で日本SF大賞を受賞した。

小松左京さん死去=80歳、「日本沈没」など壮大なSF小説

プロデューサーとしての手腕も発揮。大阪万博や85年の国際科学技術博覧会(つくば博)、90年の「国際花と緑の博覧会」などに関わった。

小松左京さんが死去…80歳、肺炎のため

「日本沈没」などのSF小説や文明論で知られる作家の小松左京さんが26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市の病院で死去した。80歳。大阪市出身。